25 Jan 2013

ルークに学ぶ,3パットしない秘訣

先日もルークの3パットしない記録について書きましたが(3パットをしない男。ルーク。),ルークがパッティングのコツを語る記事がありました。

GDO: なぜL・ドナルドは3パットしないんだ!?
するとルークは開口一番,「ゴルフで最も大切なことは,基本を守ること」だと言い切った。その“基本のキ”はアドレス。手のひらで握るグリップと,打ち出すラインが目の下に来るセットアップを常に実践しているという。その上でストロークにおいて大切なのが,「ヘッドを加速させながらボールを打ち抜いてきっちり球をヒットする『ソリッドコンタクト』」だという。
「テークバックが大きくフォローが小さいとインパクトがゆるむ,と考える人が多いようです。しかし,ボクはそう思いません。逆に,小さなテークバックでフォローを大きく出そうとするから,ヘッドを加速させながら芯でボールをとらえるソリッドコンタクトができないのです。
 トンカチで釘を打つところを想像してください。大きく振りかぶって釘の頭に向かって振り下ろしたら終わり。そのほうがテコの原理を活かしつつ,加速しながら正確に釘の頭を叩けます。ボクのパッティングは,まさにこのイメージです。
振り幅は左右対称がいいとか,テイクバックが大きい方がいいとか,フォロースルーが大きい方がいいとか,諸説ありますが,ルークがいいと言ってるんだからこっちで打ってみようかと。

23 Jan 2013

ルークがMizunoとの契約を延長

見えそうで見えないRLXのロゴ


MIZUNO EXTENDS RELATIONSHIP WITH WORLD #3 LUKE DONALD
Mizuno is pleased to announce an extension to one of the longest-standing equipment relationships in golf with world #3 Luke Donald signing to continue to be a brand ambassador for years to come. The agreement ensures that Donald, the world’s premier iron player, will continue to play the Mizuno equipment that has led him to 13 professional victories, including his incredible 2011 campaign which propelled him to the top rank on both PGA Tour and European Tour money lists in the same year, a feat that no other golfer had ever claimed.
ということで,ルークがMizunoとの契約を延長したみたいですね。小さいときからMizunoを愛用しているようなので,当然の流れなんでしょうけれど。

萌え


別のソースによると,契約にはアイアン・ウェッジの他に,ヘッドウェア,手袋,ヘッドカバーまで含まれるんだそう。だから,TaylorMadeのウッドを使っていてもカバーはMizunoなんですね。

11 Jan 2013

ついにハイブリッドを買った!

毒を食わば皿まで,ではないですが,ウッドをRBZにしたら,ルークご使用のハイブリッドを買うしかないでしょうということで,ついに買いましたよ。Mizuno CLK Fli-Hi 17度。ゴルフパートナーにて。

ルークは2007年モデルを使っているらしいですが,残念ながら購入したのは2006年モデルです。何が違うんでしょうね?

ヘッドカバーはなし。使い込んだあとが見えます。
値切りたかったのですが叶わず。9000円弱なり。


「アイアンのシャフトもDGS200だし,NS PROならいいんじゃない?」という軽い気持ちでスチールシャフトのにしてしまったんですが,あのルークですらハイブリッドのシャフトはカーボンなので,本当にこれで大丈夫なのかと今さら後悔……,してもしょうがないので,ひとまず練習場で打ってみます!

10 Jan 2013

GolfTEC by GDO のモニターになったので行ってみた

Gold Digest のサイトでやってたキャンペーンにノリで応募したら,みごと当選してしまいました。「ゴルフテック(GolfTEC by GDO)」というスクールのスイング診断無料+レッスン10回,ということなのですが,タダでレッスンを受講できると思ったら「10回を3万円で受講できる権利」ということでした!(トクなのか否か容易には判別しがたい)
「GolfTEC」は米国コロラド州デンバーに本社を置く全米最大のゴルフレッスンチェーン。1995年の創業以来,25万人を超える受講者数,累計300万回以上のレッスン実績を誇り,全米各地に145カ所,カナダ,メキシコでも展開中。
「GolfTEC by GDO」は日本最大級のゴルフポータルサイト運営会社「ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)」が 米国GolfTEC社のシステムやノウハウを導入してプロデュースする,日本初上陸のアメリカNO.1が証明する上手くなるゴルフレッスン。2012年5月,六本木に1号店がオープン。
ということだそうでして,アメリカ式のティーティングメソッドには興味があるんですよね……。これは得意の「毒を食らわば皿まで」の精神で突撃するしかないのか!

(ということで,さっそく行ってきました)

えーっとまず,受付の女の子がかわいかったです(笑)

次に,スイング診断とは何をするかというと,スイングの各フェーズ(アドレス,トップ,インパクトなど)における肩と腰の角度(前後の傾き,左右の傾き,中心軸からの回転)が,プロの平均値とどれぐらい異なっているかを定量的に診ると。そのために,肩と腰にセンサーを付けて実際にスイングを行ないます。

比較の対象はどこに行ってもタイガーですね。


(こんな感じで,当日の映像はWebにアップされて,あとでログインして観ることができます)

左下にいろんな数値が出ていますが,黄緑地の数値は平均に近く,平均から離れるごとに黄色・赤色となります。アドレスだけ見ると悪くなさそうですが,この後のスイングでは赤色の数値がいっぱい出てきました。己の現実を客観的な数値でつきつけられると,けっこうつらいですね。アハ

僕の場合は,テイクバックで右膝が伸びてしまい,そのせいで骨盤が必要以上に回転しているので,シャフトからプレーンから外れて(うねって)上がるのが,まずは問題だということでした。

ひととおり診断されたあとは,簡単なレッスン。そのテイクバックを矯正するために,股にバランスボールをはさんでスイングするというドリルを行ないました。といった感じで,要した時間が90分弱です。

感想としては,上に書いたように自分のスイングを客観的・定量的に診ることができるため,改善しようというモチベーションは大いに沸きます。「でも数字はそうかもしれないけど,俺の場合は今の自分のスイングがしっくり来てるんだよね」という反論をしがちな人には向いていないかもしれませんね。

今後の懸念としては,どういったかたちでその「平均的=理想的」なスイングに矯正されていくのか,ただ単に「この数字がこうだからこうしましょう」という指導法なのか,それとも何かコツなり意識の持ち方だったりを解剖学的見地も含めて教えてくれるのか,といったところです。

5 Jan 2013

ようやくRBZを買いました

振り返ってみると,なぜ最初から素直にRBZのウッドを買わなかったんだと我ながら思うのですが,

新モデルのローンチが間近なようで,安くなってました。
ちなみに買ったのは1wで9.5度,3wで15w。いずれも日本モデル。


きっと,
といった理由で避けたんだと思います。

しかし,「ウッドはタイガー,アイアンはルーク!」と調子に乗って,中古ショップで Nike Victory Red Tour を買ってみたものの,シャフトが Project X 6.0 と来た日には(よく見たら120gなんですね,このシャフト。そりゃ重いわ),初心者には到底使いこなせるシロモノではなく。

フィッティングの結果 Attas 4U にリシャフトしたら,こんどは球が上がらない,ヘッド裏の赤とシャフトの緑がミスマッチに思えて愛着がまったくわかない……,ということで,一念発起してRBZのウッドを購入しようと決意したのでした。

とりあえずドライバーのシャフトは, Attas 4U に差し替えることにして,いつものゴルフフィールズにやってもらいます!

(後日談)
ドライバーを Attas 4U にリシャフトしたら,「ドライバーより3wが軽い」という逆転現象が起こってしまいました。初心者っぽいミスですね。アハ

3wはしばらくコースでは使わなそうなので(ヘタで打てないから)いいですが,そのうちこちらもリシャフトします! やっぱり Attas のFW用のやつがいいんですかね?

再びゴルフフィールズのクラフトマン,浅井さんの話。「ちょっと軽くなったからヘッドに鉛はっておいたよ。これでちょうどいいバランスになると思う。でもつかまりにくいドライバーだから,もしつかまらないと感じたらヘッドヘッド裏のヒール側に鉛はってね。鉛もってない? じゃあこれ持っていきなよ」ということで,鉛のお土産までいただきました。相変わらず仕事が丁寧だと感じました。

実際,軽くヒール側に鉛を増やしたらいい感じです!

1 Jan 2013

動画 // マッチプレーをやってみたい

あけましておめでとうございます。今年は上手くなって,マッチプレーをやってみたいです。


ゴルフを始めてすぐに,ライダーカップを録画してさんざん観たので(そしてそれがルーク・ドナルドにハマるきっかけだったのですが),タケ小山が言うところの「ヨコの勝負」「十両が横綱に勝つ可能性があるマッチープレー」に,非常に興味があるのです。

(ストロークプレーは「タテ」,マッチプレーは「ヨコ」というのだそう。)