31 Mar 2014

株式会社グラファイトデザインが業績を上方修正

株式会社グラファイトデザイン: 業績予想の修正に関するお知らせ
http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1136433&code=7847&ln=ja&disp=simple
国内においては、男子・女子のプロゴルフツアーともに新たな若手スター候補の台頭により、ゴルフ人気は高まりを見せております。しかし、ゴルフ用品市場における高価格製品の価格競争の激化等により、業界全体 としては厳しい状況が続いております。 米国においては景気回復の兆しは見えているものの、価格競争の激化は国内市場よりも進んでおり、高価格帯のゴルフクラブの販売環境が良くなっている状況ではありません。
このような市場環境の中、当社オリジナルである自社ブランド「TourAD」2013 年モデルの「GTシリーズ」が、国内プロゴルフトーナメントにおける使用率の向上に貢献した事により、各クラブメーカーでのカスタム採用における受注が順調に推移し売上を伸ばす事が出来ました。 また、下期におきましては、自社ブランド「TourAD」2014 年モデルの「MTシリーズ」を発売いたしました。「MTシリーズ」におきましては、プロゴルファーへのプロモーションを強化した事が奏功し、男子・ 女子のプロゴルファーによる使用が増加したことに加えて、ゴルフシーズン終盤におきまして活躍した選手がいたこともあり、各クラブメーカーからのカスタム採用における受注が堅調に推移し売上増加に繋がりました。
米国市場におきましては、販売拡大のため知名度の向上や受注の拡大を図った事が奏功し、「TourAD」の「DIシリーズ」・「BBシリーズ」を中心に自社ブランドシャフトの販売数量が徐々に増加するとともに、OEM製品の受注も拡大しました。加えて、円安効果による為替差益も発生いたしました。
上記の結果、通期業績予想の売上高につきましては 4,523 百万円(173 百万円増)に修正します。各段階利益に関しましても、営業利益 1,249 百万円(99 百万円増)、経常利益 1,358 百万円(238 百万円増)、当期純利益 1,161 百万円(131 百万円増)に修正します。
株価(7847)も順調に推移しているようです。



30 Mar 2014

ラウンドの記録 // 芝山ゴルフ倶楽部 // 春の嵐!

AKB48の国立競技場公園が中止になるほどの荒天で,そしてただでさえ神経をすり減らすデズモンド・ミュアヘッド設計のコースで,なんとかラウンドしてきました。芝山ゴルフ倶楽部です。



オークビレッヂゴルフクラブほどではないにせよ,ミュアヘッドらしいギミックというかケレン味というかが現れたデザインはしっかりとありました。OUTの6番ホールみたいな砲台のグリーンもあったりで,こぼしどころを間違って痛い目に会うことも何度か。白ティからまわる限りはあえてドライバーでティーショットしなくてもいいホールもありましたが,フェアウェイは基本的に狭く,20ydぐらいの幅にしっかりとドライバーショットをコントロールできないとつらいなぁと痛感しました。





ご覧の通り,グリーンの速さは10.0フィートってなっているけど,雨が降っていたのでそれほどには感じなかったです。これまた,オークビレッヂに比べると,えげつないアンジュレーションというのもなかったような。







今日のクラブセッティングは,
このパターは実践で初めて使ってみたけど,違和感はなかったな。方向性はやっぱりPING型に比べて出しやすいし,距離感もずれないし,インサートの軟らかさも適度。34インチの長さも,使ってみるとなれるもんですね。

それにつけても,どんなコースでやってもどんな天候の中でやっても毎回ほとんどスコアが変わらない,なんとも不思議なことよ!

29 Mar 2014

本 // Broadie, "Every Shot Counts" // 日本語訳のタイトルは『ゴルフデータ革命』

GOLF 103: 「パット・イズ・マネー」はもう古い?」で触れた Mark Boradie の本。コロンビア大ビジネススクールの教授が,従来のスタッツ(フェアウェイキープ率だのGIR=パーオン率だのパット数だの)では捉えきれない,新しい指標「strokes gained」を用いて,スコアメイクにつながる本当に大事な要素を明らかにする。プロゴルフの見方が変わるだけでなく,アマチュアゴルファーのコース戦略やロースコアにつながること間違いなし……,ってな内容。

これはネタの宝庫でございますよ。随所にルーク・ドナルドに関する記述が出てくるので,ルークのファンはなおさら必読だと思われる。そして,この本の日本語版を出すのであれば,翻訳をしたい!

  • ルーク・ドナルドのコーチであり,ノースウェスタン大学のヘッドコーチであるパット・ゴス(Pat Gos)は,ゴルフの分析の力を信じている。しかし,自分のチームのゴルファーたちに,伝統的なスタッツはつけさせていない。
  • この本は,「strokes gained」というアイデアの根底にあるものを説明する。
  • この本は,ゴルフコースにおいてどのような戦略をとることで,スコアを下げることができるかをお見せする。
  • ゴルフライターの Bill Pennington いわく,「何が自分のパフォーマンスを下げているのか,アベレージゴルファーはそれを評価するのが恐ろしく下手である,というのは,疑いようのない真実である」と述べている。
  • 2011年以来,著者はルーク・ドナルドおよびコーチのパット・ゴスとともに,ルークのゲームの分析に取り組んできた。
  • エドアルド・モリナーリは自らコンピュータプログラムを書いて,strokes gained を計算している。パッティングだけではなく,自らのすべてのショットについて strokes gained を算出している。
  • "Drive for show and putt for dough"(ドライブ・イズ・ショー,パット・イズ・マネー)という格言は,南アフリカの名ゴルファー Bobby Locke (1949年から57年に4回全英を制覇)に起因する。
  • 「ドライバーの失敗は取り返すことができるが,パットの失敗は取り返せない」という格言は,パッティングの価値を過大評価している。
  • 1986年のマスターズ17番ホールで,46歳のジャック・ニクラウスは優勝をたぐりよせる18フィートのバーディーパットを決めた。2008年全米オープンの最終ホールで,タイガー・ウッズはプレーオフ進出を決める12フィートのバーディーパットを決めた。こうした例を見ると,パッティングは他のショットに比べて重要であると思われるが,これは confirmation bias(確証バイアス)かもしれない。
  • 1972年にペブルビーチで行なわれた全米オープンの最終日,ジャック・ニクラウスは218ydの17番パー3ホールで1番アイアンのショットをピンから1フィートにつけ,18回目のメジャータイトルを確実にした。1950年にメリオンで開催された全米オープン,最終日の最終ホール,プレーオフ進出にはパーが必要だったベン・ホーガンは,1番アイアンで放った2打目をピンそば40フィートにつけパーセーブし,そして翌日のプレーオフで優勝を決めた。
  • PGAツアープロは1ラウンド平均で29パット,71ストローク。パットは全ストロークの約40%を占めてはいるが,それがそのままパッティングの重要度を示しているわけではない。なぜなら,29パットのうち9パットは,カップから2.5インチ以内からのものであるから(プロはその距離のパットは99.5%以上の確率で沈める)。
  • 陸上の800m走の勝負が最後のホームストレッチで決まるからといって,その前の750mの走りが重要でないということにはならない。
  • PGAツアーの大会優勝者の1ラウンド平均のスコアとフィールドの平均スコアを比べると,パッティングによるのはその差のうち35%,残り65%はグリーン外でついている。
  • 2012年のルーク・ドナルドや2011年のビル・ハースはパッティングによる貢献度が70%以上。一方,2006年や2008年のタイガー・ウッズや2006年のフィル・ミケルソンは35%以下。2008年のビジェイ・シンに至ってはパッティングによる貢献度がマイナス。
  • 平均以下のパッティングで優勝することは可能だが,平均以下のボール・ストライキングで優勝することは非常に難しい。
  • 2008年にベイ・ヒルで行なわれたアーノルド・パーマー・インビテーショナルの最終日,タイガー・ウッズは最終ホールにバーディーが必要なところで24フィートのパットを決めて優勝した。しかしその日の10番ホールで,タイガーが残り7フィートから3パットをしている。もしここを2パットであがっていたら,最終ホールは2パットのパーで済んでいた。
  • 2004年から2012年にかけて,ルーク・ドナルドはフィールドに対して平均1.8打差をつけているが,このうちパッティングによるのは0.7打(貢献度は39%)。パッティングの貢献度としてはルークが1位。トータルのスコアではタイガーが1位だが,タイガーのパッティング貢献度は3位,グリーン外の貢献度が1位。
  • 平均スコア80のゴルファーと平均スコア100のゴルファーのスコアの差の85%は,グリーン外のショットから来ている。
  • それだけでなく,ベストなプロと平均的なプロとの差,プロとアマチュアとの差,トップアマチュアと普通のアマチュアとの差,それらの差のうち15%はすべてパッティングに起因し,残り85%はグリーン外に起因する。
  • もし,ゴルフにおける各ショットのクオリティを「打数」という単位で計測することができれば,ドライビングとパッティングという,性質の違うふたつのショットの質を同じ土俵に並べることができる。これが「strokes gained」の基本的なアイデア。
  • 1ラウンドあたりのパット数のようなスタッツは,そのゴルファーのパッティングの上手さをとらえることはできない。なぜならそれは,各パットの距離を考慮に入れていないから。
  • PGAツアープロの距離別の平均パット数は,2フィートで1.01,5フィートで1.23,10フィートで1.61,30フィートで1.98,60フィートで2.21。
  • 8フィートからのパットの成功率は,PGAツアープロの平均で50%,ルーク・ドナルドは57%。
  • 統計によると,PGAツアーの中でグリーンが難しいコースはペブルビーチとウェスチェスター。
  • Strokes gained putting の指標で判断すると,2004年から2012年にかけてPGAのツアーでの最高のパットの名手はルーク・ドナルド。
  • 各パットの strokes gained とは,ホールアウトに要するパット数の平均の減少から1を引いた数字。すなわち,もし残り33フィートから打ったパットが残り8フィートにつけたら,ホールアウトに要する平均パット数は2.0から1.5に減ったことになる。つまり,1打のパットにより,0.5打分ホールに近づいたことになるから,このパットによる strokes gained は 0.5引く1で「マイナス0.5」となる。
  • strokes gained の基本的な考えは,1970年代のGOLFマガジンの記事に似たようなアイデアが言及されたのが最初と思われる。
  • 平均スコア90のアマチュアがベストボールスクランブル,PGAツアープロがワーストボールスクランブルで6500ヤードのコースで対決した場合,コンピュータシミュレーションによると,両者の1ラウンドあたり平均スコアはいずれも78になる。
  • ルーク・ドナルドはワーストボールスクランブルで練習することがある
  • プロが100yd以内(ショートゲーム)を担当してアマがロングゲームを担当する組と,アマがショートゲームを担当してプロがロングゲームを担当する組が競うと(このフォーマットは Switcheroo とも呼ばれる),プロがロングゲームを担当する組の方が有利(コンピュータシミュレーションの結果によると)。もう一方の組のスコアとの差は,コースの距離が長いほど,あるいはアマチュアゴルファーのハンデキャップが増えるほど,広がる。
  • ショートゲームの専門家,フィル・ミケルソンのコーチなどとしても知られる Dave Pelz でさえも,(ロングゲームの方が大事という)著者の考えに賛同している。
  • スコアを手っ取り早く改善したいのであれば,ショートゲームの練習が効くのは間違いない。ロングアイアンの改善には時間と努力を要する。しかし,そのことと,スコアメイクにおけるロングゲームの重要性とを混同してはならない。
  • ホールの大きさ(直径108mm)が今より大きくなったら,得をするのはパットが上手いプレーヤーか,パットが下手なプレーヤーか。ルーク・ドナルドは「それはパッとが下手な人が有利(自らのパッティングの優位性が失われる)」と感じている。実際,シミュレーションの結果からも,そのことが証明される。
  • なぜホールの直径は108mm(4.25インチ)なのか? 1829年,Musselburghゴルフクラブの管理者が,そのへんにころがっていたパイプをホールカッターに用いた。それがたまたま4.25インチだったという理由にすぎない。それ以前はホールの大きさはまちまちだったが,1891年にR&Aが正式にルールとして採用した。
  • 2012年のロリー・マキロイは平均スコアで1位だったが,strokes gained driving で2位,strokes gained approach shots で2位,strokes gained short game で35位,strokes gained putting で73位だった。
  • 2013年のヒュンダイトーナメント,13番のPar4で,ジェイソン・デイはドライバーでのティーショットをチョロしながらもパーセーブした。このときの各ショットの strokes gained は以下の通り:
    • 1打目:マイナス0.7(残り394ydから残り278yd)
    • 2打目:マイナス0.5(残り278ydから残り62ydのバンカー)
    • 3打目:プラス0.4(残り62ydのバンカーから残り17フィートのグリーン)
    • 4打目:プラス0.8(残り17フィートからホールアウト)
  • 2004年から2012年のあいだ,上位40名のプレーヤーの平均スコアに対して,ドライビング(Par3以外のティーショット)の貢献度は28%,パッティングの貢献度は15%,残りのショットの貢献度は57%。
  • プロゴルファーにとって,飛距離は正確性より重要。アマチュアゴルファーにとって,スコアメイクのために飛距離は正確性よりさらに重要。
  • 飛距離の出るプレーヤーは,正確性の高いプレーヤーである。
  • マキロイいわく,「みんな『優勝するためにはショートゲームを磨け』っていうけど,まったくそうじゃない」。ニクラウスいわく,「マキロイに同意する。私はショートゲームを練習したことがない。パーオンが1ラウンドで15あって,Par5のいくつかで2オンできて,10フィート以内のパットをすべて沈められたら,チップショットを練習する必要なんかないだろ?」
  • 平均スコア90のアマチュアとプロを比べたとき,Par3ホールでは平均0.8打差,Par4ホールで平均1.1打差,Par5ホールで平均1.3打差がつく。
  • 「If you can't putt you can't score, but if you can't drive you can't play.」
  • 2010年,ルーク・ドナルドは total strokes gained で5位,strokes gained driving で175位だった。2011年,ルークはPGAとヨーロピアンツアーの両方で賞金王となったが,この年の total strokes gained は前年から0.75打向上,strokes gained driving は前年から0.5打向上していた。
  • プロにとっては5フィートのパットが最も重要。アマチュアにとっては4フィートのパットが最も重要。この距離を入れるか入れないかでスコアの差が出る。
  • 殿堂入りしているレイ・フロイドいわく,「スコアメイクできないいちばんの理由は,単刀直入に言うと,みんなプレーの仕方を知らないからだ。スイングの仕方とか,ボールの飛ばし方とかじゃなくて,ゲームの進め方を知らないんだ。もし,僕が君のスイング技術になったとして,僕と君とで勝負をしたとしても,100回のうち99回は僕が勝つと思うよ。なぜなら,僕は君よりゲームの進め方を知っているからね」
  • ひとつのショットに対してはひとつの結果しか出ないが,起こりうる結果の範囲と,それらの起こりうる確率を考慮に入れた上で,プランを立てる必要がある。
  • 右側がOBになっているPar4ホールを想定した場合,平均スコア80のゴルファーは,ターゲットをフェアウェイの左端にすることで,平均スコアは4.6になる。ターゲットがフェアウェイ中央の場合,平均スコアは4.7。
  • 同じ状況で,平均スコア100のゴルファーの最適なターゲットは,左のラフに数ヤード入ったところ。
  • プロゴルファーは,フェアウェイ中央にターゲットをおいた場合にOBになる確率は4%,最適なターゲットを狙った場合で0.7%,実際は0.5%。平均スコア100のゴルファーは,それぞれ15%,2.0%,14%となる。
  • 多くのアマチュアはOBとラテラルハザードを同じように扱って同じように避けようとするが,これは効果的ではない。
  • コンサバな戦略がベストな戦略とは限らない。
  • ティーショットで飛距離の代わりに正確性を求める戦略(ドライバーの代わりにロングアイアン等)は,結果的にスコアを落とすことになる。
  • Golf Digest の US Open Challenge は,タイガー・ウッズの「ハンデ10のゴルファーはUSオープンのコースで100を切ることはできない」というコメントに触発されて開催された。2008年,7600ydのトーレパインズ南コースにて。ハンデ8.1のとあるアマチュアはティーショットでハイブリッドを使う戦略をとったが,結果は114打だった。
  • 残りを80yd(などのウェッジでフルショットできる距離)に残す,いわゆる刻む戦略と,いけるところまでいって残りを30ydにする戦略を比べた場合,平均的にスコアがよくなるのは後者。2012年USオープン優勝のウェブ・シンプソンも,自らのデータを分析するうちに,この戦略に気づいた。
  • ベン・ホーガンいわく,「ゴルフとはいいショットのゲームではない。悪いショットのゲームなのだ。ベストを追求しない者が勝つ」
  • 平均スコア100のゴルファーは,1ラウンドあたりミスショットで9.7打落とし,ロングゲームで6.7打落とし,ショートゲームで3.0打落としている。
  • ゴルフはパッティングだけのゲームではないし,ドライビングだけのゲームでもない。全英オープンを3度制したヘンリー・コットンが言ったように,「Every shot counts.(すべてのショットが大事である)」

28 Mar 2014

動画 // ビル・マーレイとゴルフと河口湖カントリークラブ

映画『ロスト・イン・トランスレーション』の中の1シーン。ビル・マーレイがひとりラウンドしている。撮影場所は,河口湖カントリークラブらしい。


河口湖CCの設計は,ホウライCC・西那須野CCも手掛けたロバート・ボン・ヘギー。2グリーンでありながら,各グリーンへのエントランスはしっかりセパレートされていて,フェアな設計のように見受けられる。西コース・東コース・南コースとある中で,南コースだけ1グリーンなんですね。『ロスト・イン・トランスレーション』に出てくるのは,南コースの2番ホールかな。

こんな写真を目にしたので,ちょっとビル・マーレイに言及した次第。フロリダで彼が開催しているチャリティ大会の様子だそうな。ビルの隣にいるのは,地元のTVキャスター(お天気おねえさん?) Lindsey Boetsch。 ソース: http://www.golfdigest.com/golf-tours-news/blogs/local-knowledge/2014/03/bill-murray-wears-pabst-blue-ribbon-golf-pants-continues-sho.html

トロイ・マットソンがSLDRミニドライバーを投入 // GolfWRX

ついにSLDRミニドライバーを使うプレーヤーの名前が!



Matteson bags two TaylorMade SLDR Minis at Texas Open
http://www.golfwrx.com/197163/matteson-bags-two-taylormade-sldr-minis-at-texas-open/
Troy Matteson carded a respectable even-par 72 in the opening-round of the Valero Texas Open today. The score positioned him in a tie for 31st at the time he finished. Of more interest to equipment junkies, however, is this bit of trivia: the Georgia Tech alum played the opening round with two TaylorMade SLDR MiniDrivers in his bag.
バレルテキサスオープンの初日,トロイ・マットソンはイーブンパーの成績で,ラウンド終了時点では31位タイの位置にいた。しかし,ゴルフクラブジャンキーにとって興味があるのは,ジョージア工科大学出身のマットソンが,テーラーメイドSLDRミニドライバー2本をバッグに入れて初日をプレーしたことだろう。
Of further interest: Matteson is using one of the two Minis (the 12-degree version) from the fairway. He has been using the other SLDR Mini, a 10.5-degree model, from the tee.
より興味深いのは,マットソンがそのうちの1本(ロフト12度)をフェアウェイから使っていたことだ。ティーグラウンドからは,10.5度の方を使っている。
Certainly, it's a curiosity when a PGA Tour professional elects to go with the dual driver setup, as Phil Mickelson did at the 2006 Masters. However, it's perhaps more interesting when a player decides to use what is technically a driver as his fairway wood.
たしかに,PGAツアープロがドライバー2本のセットアップで試合に望むのは興味をそそる,フィル・ミケルソンが2006年のマスターズでそうしたときのように。しかし,技術的にはドライバーであるものをフェアウェイウッドとして使うことをプレーヤーが決めたということは,より興味深いのではないだろうか。
Reportedly Matteson feels the 10.5-degree driver affords him as much distance as his previous gamer. Today at least, that wasn't the case. Matteson averaged just 282.5 yards off the tee, whereas he has been averaging around 295 for the season. However, he was significantly more accurate off the tee in his opening round than he has been thus far this season. Matteson found 64 percent of fairways today. His average hit percentage entering this tournament is just 52 percent. Further, he hit just 55 percent for the 2013 season.
マットソンは,10.5度ミニドライバーの方が,より飛距離を稼げると感じている。しかし今日に限ってはそうではなく,マットソンのティーショットの平均飛距離は282.5yd,今シーズンの平均は295ydだった。とはいえ,ティーショットの正確性は非常に向上した。今日のフェアウェイキープ率は64%,今シーズンの平均は52%,2013年シーズンの平均は55%だった。
Obviously, there is the danger of a small sample size here and comparing driving distances from week to week doesn't tell the whole story. Further, given the wet conditions today, Matteson's shorter driving distance isn't surprising. It's unlikely, too, that the lack of roll out is the sole cause of a 12 percent uptick in driving accuracy. Thus, we'll have to see what Matteson does for the rest of the week.
たしかに,今日のデータだけであれこれ判断するのは,統計的に有意ではなく,危険である。さらに,今日のウェットなコンディションでは,飛距離が短くなったとしても驚きではない。マットソンの2日目以降の動きに注目しよう。

27 Mar 2014

Titleist Vokey SM5 ウエッジの評価 // GolfWRX

こないだ Vokey SM4 の58度ブラックニッケルを買ってワクワクしてた直後にSM5リリースのニュースを知ってガックリ!という個人的な恨みおいといて,そのSM5のレビュー記事です。

GolfWRX: Review: Titleist Vokey SM5 Wedges
http://www.golfwrx.com/194559/review-titleist-vokey-sm5-wedges/



Pros: Vokey leads the way with 21 different loft, bounce and grind combinations, three different finishes and personalization programs that allows golfers to create a wedge that suits their games and personalities. The new specialized TX3 grooves add extra spin from around the green and more distance control from bad lies.
長所:21種類のロフト×バウンス×グラインドの組み合わせ,3つの異なる仕上げ,そしてパーソナライゼーション・プログラムが用意されていて,ゴルファーは自分のプレースタイルや好みにマッチしたクラブを選択できる。最新の技術が投入された溝 TX3 により,グリーン回りではよりスピンがかかり,悪いライからの距離のコントロールが容易になっている。
Cons: With vast loft, grind and bounce options, the selection process can be overwhelming. That’s why it's best to be fit by a professional. The SM5′s are cast from 8620 carbon steel, which isn't a problem unless you're a forged wedge snob.
短所:バラエティがありすぎて,その中から選択をするのは大変かもしれない。よって,プロのフィッティングを受けるに越したことはない。SM5は8620カーボンスチールから鋳造されているが,鍛造ウェッジマニアでもない限り,これは問題にはならない。
Bottom Line: The SM5's will appeal to the majority of golfers no matter what they seek from a new wedge. Better players will benefit from the spin control and versatility around the greens, club junkies will love the customization options and selection of grinds and the average or below average players will greatly improve if they select the correct a loft, grind and bounce that fits their swing. No one gets left out in this line of Vokey wedges.
結論:新しいウェッジに何を求めていようとも,SM5は大多数のゴルファーに魅力的に映るのは間違いない。上級者はスピンコントロールとグリーン回りの使い勝手がいいと思うだろうし,クラブジャンキーはカスタマイズのオプションやグラインドの選択に惹かれるだろう。アベレージゴルファーや初心者は,自分のスイングに合ったロフト×バウンス×グラインドを適切に選ぶことで,大いに恩恵を受けるだろう。このVokeyの新しいウェッジのターゲットにならない者はいないよ。

21種類のロフト×バウンス×グラインドの組み合わせ


という感じでWRXはSM5を絶賛してますが,その他,記事の中で気になった点などを箇条書き:
  • ソールのグラインドは6種類(L,T,S,M,F,K)
  • ロフトは46度から62度まで2度刻み
  • フィニッシュは3種類(ゴールドニッケル,ローブラック,ツアークローム)
  • 新しい溝である TX3 は,SM4の溝より7%拡大
    • 48度から54度までは溝は狭く深く
    • 56度から62度までは溝の幅は変わらずしかし7%深く
  • フェースに対する熱加工により,溝の摩耗を減らして耐久性を向上させた
  • デフォルトのシャフトはダイナミックゴールドS200(ウェッジフレックス)

WITB // ルーク・ドナルドのパターグリップは?

SuperStrokeが流行っているPGAツアーですが,ルーク・ドナルドはどこのグリップを使っているかというのが,ずっと気になっていて。

Nedbank Golf Challenge - Day Three
07 Dec 2013


これ,よくよく写真を見たら,オデッセイのブラックシリーズ iX の純正なんじゃないですかね。


マスターズに向けたウェッジの調整 // Golfweek

もうすぐ待ちに待ったマスターズですが,それに向けてプレーヤーたちはウェッジ選びに余念がないよ,という記事。想像以上にウェッジのロフト+バウンス選びは繊細かつ重要なんですねぇ。

新しいウェッジを試すキーガン・ブラッドリーと,スイングコーチ Chuck Cook


Golfweek "Players work on wedges prior to Augusta"
http://golfweek.com/news/2014/mar/07/players-work-wedges-prior-augusta/
Ultra-fast greens, no rough and bunkers filled with sand as soft as talcum powder combine to make Augusta National a nerve-wracking test of a player's short game. To ace the test and slip into a green jacket on the second Sunday in April, pros need a lot of talent. The right wedges help, too.
超高速グリーン,短いラフとベビーパウダーのような砂のバンカーは,オーガスタナショナルをプレーヤーのショートゲームを試す,シビれるような場にしている。そのテストを及第して4月の第2日曜日にグリーンジャケットに袖を通すために,プロは多くの才能を必要としている。そして正しいウェッジの助けも。
Dean Teykl, Callaway Golf's PGA Tour manager, said that starting this week at Trump National Doral, Callaway began giving players wedges that should be ideal for Augusta National. Typically players get new gap wedges, sand wedges and lob wedges. Pitching wedges are not often replaced.
キャロウェイゴルフのPGAツアーマネージャーである Dean Teykl いわく,今週のトランプナショナル・ドラルでの大会を皮切りに,キャロウェイがプレーヤーたちにオーガスタナショナルに最適なウェッジを提供し始めているという。通常,プレーヤたちは新しいギャップウェッジ,サンドウェッジ,そしてロブウェッジを手にしている。ピッチングウェッジは手を付けられていない。
"It's more about the turf interaction than it is about the grooves," Teykl said. "Don't get me wrong, they want the grooves sharp because it's the Masters, but it's really about the turf interaction."
「溝というよりは,ターフとの接地の問題だね」とTeyleは言う。「勘違いしないでね。マスターズだから鋭い溝は必要だよ。だけど,それよりも気にしているのは,ターフとの接地なんだ」
The fairway grass at Augusta is as tight as a pool table, so the ball is never perched. Getting the leading edge of a wedge under the ball can be a challenge if a sand wedge or lob wedge has too much bounce.
オーガスタのフェアウェイの芝はビリヤード台のように硬いので,ボールは決して止まらない。なので,サンドウェッジやロブウェッジのバウンスがききすぎていると,リーディングエッジをボールの下に入れるのが難しくなる。
"We're just preparing guys and getting them some things that they can get to know," said Aaron Dill, the PGA Tour representative for Titleist's Vokey wedges, on Wednesday. "Something with a little less bounce, but similar to what they have. Knowing what the conditions are going to be like at Augusta, firm and fast obviously. So we want them to have something like what they already have, minus 2 or 3 degrees of bounce. We also might give some players a wider-soled option for around the greens."
「ただ準備をしてるんだ」と,タイトリストVokeyウェッジのPGAツアー代表 Aaron Dill は言う。「ちょっとバウンスが少なくて,でも今使っているのと似たようなウェッジをね。オーガスタのコンディションがどうなるか。硬くて速いのは間違いないだろう。だから,今使っているウェッジよりバウンスが2,3度少ないものを準備しているんだ。あるプレーヤーには,グリーンまわりで使えるソールが広いウェッジも準備するかもしれない」
Keegan Bradley may be one of the few players who bucks the low-bounce trend. Chuck Cook, Bradley's swing coach, convinced the 2011 PGA Championship winner to add bounce to his 60-degree wedge. Cook wants Bradley to trap the ball more against the turf but not dig into the ground.
キーガン・ブラッドリーは,ローバウンスのトレンドに逆らう数少ないプレーヤーのひとりかもしれない。キーガンのスイングコーチである Chuck Cook は,2011年に全米プロ選手権を制したキーガンが,60度のウェッジにバウンスを足したことを強調した。Cookはキーガンに,ターフに逆らってボールをつかまえるように,だけどターフはあまりとらないように指導している。
"Week to week he needs more bounce," said Rob Waters, Cleveland Golf's PGA Tour manager. "He was at 8 degrees, but now he's going up to closer 12 degrees. But what we're finding is that the shallower he gets, the more he picks the ball. Adding bounce brings it up into the middle of the face for him."
「週を重ねるごとに,キーガンはもっとバウンスを欲しがっている」と,クリーブランドのPGAツアーマネージャー Rob Waters は言う。「最初はバウンスが8度だったけど,今は12度に近づいている。だけど分かったのは,シャローなスイングになるにつれて,どんどんボールを上げるようになっているということ。」
At the same time, Cleveland has removed more material from the heel section of Keegan's new wedge. This should let him get under the ball from tight lies. It should give Bradley the best of all worlds: more bounce in the bunkers, relief from the fairway and fringe.
同時に,クリーブランドはキーガンの新しいウェッジのヒールを削っている。これによってキーガンは,タイトなライからでもボールを拾えるようになるだろう。バンカーでのバウンス,フェアウェイやフリンジからの救済。キーガンにとって最高の武器だ。
Some players talk about breaking in their wedges before driving up Magnolia Lane, but that can be misleading. Opting for wedges with little less bounce throws a new variable into players' equations. With the Masters on the line, they don't want to be surprised. In truth, the break-in period is as much about mental reassurance as it is finding the right blend of bounce and loft.
何人かのプレーヤーは,オーガスタに乗り込む前にウェッジを使いならすことについて語っているが,それは誤解を招きかねない。少しバウンスの少ないウェッジを選択することは,プレーヤーの方程式に新たな変数を追加することになるのだ。しかし,マスターズを目前にして,急激な変化は求めていない。実際,慣らしの期間は,適切なバウンスとロフトとのブレンドを探る,心理的な安心感を求める期間なのだ。
And then there's Bubba Watson. According to Daniel Udd, Ping's master tour technician, Watson asked for a new Ping Tour-S lob wedge on the Wednesday morning before the 2012 Masters.
そして,ババ・ワトソン。PINGのマスターツアーテクニシャン Daniel Udd によれば,ワトソンは優勝した2012年のマスターズの開催前日である水曜日の朝に,PINGの新しい Tour-S ロブウェッジを求めたという。
"That morning!" Udd said in Ping's truck at Doral, as if still in disbelief. It may have been an unusual request, but Watson now has a place to hang his clothes in the champions locker room at Augusta National. Clearly Bubba breaks 'em in quick.
「あの朝だよ!」と,PINGのトラックの中でUddは言う。まるで,まだそのことを信じられないかのように。それはありえないリクエストだったかもしれないが,ババ・ワトソンはその後マスターズを制した。そう,ババは即座にそのウェッジを使いならしたのだ。

26 Mar 2014

ゼクシオ8 ドライバーの評価 // RatingGate

あいかわらずレーティングゲートのドライバー評価が面白い。3月11日にリリースされたのは,ゼクシオ8についての評価。
http://rating-gate.com/driver/driver-dunlop-xxio8/
2年周期で発売されるゼクシオシリーズはこれまで絶大な人気を誇り、誰もが認める完成度を誇ってきた。RatingGateでも一般大手メーカーのヘッドとしては最高ランクの評価を維持し続けてきた。しかしこの8代目に関しては奇抜な設計を取り入れすぎ、完成度が落ちてきた印象がある。
もっとも大きな特徴はそのボールの上がりやすさである。ロフト9.5度でも実測は11度を超え、重心もボールが上がりやすいように設計されている。当然打ち出し角も高いがボールの回転数も段違いに高く、上昇気流にのった風船のように垂直に上に上がっていってしまう。これでは近くを飛ぶカラスが驚くだけで、プレイヤーが驚くような飛距離は得られまい。
ゼクシオの最も大きな魅力はその総合性能の高さとこのクラブを買っておけば失敗はないだろうという安心感ではなかろうか。 ゼクシオ8にはその両方がない。
ってな感じで,言葉づかいが秀逸。そして評価に手加減なし。もっといろんなクラブを評価して欲しいし,アイアンやシャフトの評価も充実させてほしい。

25 Mar 2014

Tour AD PT シリーズが新しくなるのだが

グラファイトデザインのサイトを見たら,Tour AD  PT シリーズが新しくなるのに気づいた。
http://www.gd-inc.co.jp/golf/products_pt.html

が,
【NEW】2014年4月発売 カラーのみの変更でシャフトスペックに変更はありません。
癖が無くタイミングの取りやすさと安定した軌道で球の掴まりのよさを実現。シャフト先端部の剛性を高める事により、スイートスポットを外したときのヘッドのブレを抑えることで、打ち出し角、バックスピン量が安定し、直進性のある強い弾道が可能。
だってさ。うーん,変える必要あるのか。

古いPT

新しいPT


グリップはゴルフプライドMCCの黒&青をつけたくなるね。同じ中調子で6SならBBよりPTの方が好きです。

ALDILAシャフト フィッティングガイド

これ,もっと早めに見ておけばよかったな。




ソース:
http://www.aldila.com/custom-fitting/guide/

これによると,
  • NVSはもっとも打ち出しが高くてスピン量が多い
  • 最近出たツアーグリーンやツアーブルーはカバーされていない(こういうツメの甘さが。)
  • RIPシリーズでもαとβで性質が全然違う
  • R-flexの推奨ヘッドスピードは90-100mph(40-45m/s),ドライバーの飛距離で210-240yd
  • S-flexの推奨ヘッドスピードは100-110mph(45-50m/s),ドライバーの飛距離で240-265yd
そら,S-flexでハードに感じたわけだな。

というか,そもそも「R = Regular(通常)」「S = Stiff(硬い)」って意味だから,Sが普通になってる日本のマーケットがおかしいのだ!

(2014/5/15 追記)
チャートに,ツアーグリーンとツアーブルーが(とってつけたように)追加されていた。



「捻転」についてグダグダ考えている

「捻転」っていうと,「Xファクター」という表現に象徴されるように,上半身と下半身との回転角度のズレ,っていうのが標準的な解釈になるんだろうけど,ただ一方で,具体的にどこをどう動かせばいいのか、いまいちつかみづらい。

というときに,筋肉ベースじゃなくて骨(あるいは関節)ベースで考えたらどうかしらと思ったんだけど,結局は骨盤(あるいは股関節)と肩胛骨に起因するんだろうなぁと。

何を悩んでいるかというと,切り替えしからダウンスイングにかけて,上半身が下半身と一緒にまわっちゃう=捻転ができてないという悪いクセがあるからで,何をどうしていいのか分からない。「上半身を残す」意識を持っていたとしても,意識だけじゃ体はいうことを聞いてくれない。

そこでふと思ったのは,肩胛骨に,特に「できるだけ長い時間,右の肩胛骨が背骨に寄っている状態にする」ことにフォーカスするのはどうだろうということ。また,それを実現させるために,骨盤を反時計回りに回転させつつ(左膝の伸ばしなどにより),右の肩胛骨を背骨に寄せる動きを意識するのはどうだろうか……,などと考えている。



というのを実際にスクールで試してみたら,どうもダウンスイングで切り替えしが下がり,回転軸も右足方向に傾き,ダフり気味。

そこでコーチがひとこと。「上体が起き上がってますから。腹に力を入れて! ゥドゥフッ!って感じで!

これで解決。いままでにないぐらい,ドライバーで厚い当りがでました。


24 Mar 2014

WITB // マット・エブリーのクラブセッティング // 2014年3月23日現在 // アーノルド・パーマー・インビテーショナル

アーノルド・パーマー・インビテーショナルは,初日10アンダーだったアダム・スコットが最終日に失速,かわりに大会を制したのは,1983年12月生まれのマット・エブリー(Matt Every)。Everyって珍しい性だなぁと思うけど,Wikipediaにはこんな項目が。Koreanの姓としては「全」ってのはポピュラーですね,全斗煥(チョン・ドゥファン)とか。

それはともかく,マット・エブリーはこれが30歳にして嬉しいPGAツアー初優勝。そしてマスターズの初出場も決めたのでした。めでたい。

そんな彼のグラブセッティングは,がっつりキャロウェイなようです。



2014年3月23日現在 // アーノルド・パーマー・インビテーショナル
  • ドライバー // Callaway Big Bertha / ロフト 9.0度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 7.0X / 長さ 44.5インチ(1.5インチ tipped)
  • 3W // Callaway X2 Hot Pro / シャフト Aldila Tour Blue 75X / 長さ 42 7/8 インチ(1.5インチ tipped)
  • 5W // TaylorMade Burner SuperFast / ロフト 18.0度 / シャフト Nventix Nunchuk
  • アイアン // Callaway Apex Pro (4番-PW) / シャフト KBS Tour-V 125X
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 / ロフト52-12S,56-14S,60-8C / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400
  • パター // Odyssey White Hot Pro #9 / グリップ 2014 SuperStroke Flatso Ultra
  • ボール // Callaway SR-3
ソース:
http://www.golfwrx.com/134707/matt-every-witb/

APEX PROアイアンのロフトがスペック通りだとしたら,クリーク(18度)と4番アイアン(23度)とのあいだで,5度のロフトの開きがあるんですね。その分,ウェッジを52度から4度刻みで60度まで入れている,と。アイアンのシャフトはKBS Tour-Vなのに,ウェッジのシャフトがDGのツアーイシューというのも面白いですね。そしてパターのグリップはSuperStrokeだ!

23 Mar 2014

本 // 中井学『ゴルフ ティショットシングルになる!』池田書店

  • 折角パーが取れたのに,ティショットがあまりいい当たりでないと,「インチキパー」とか言っていませんか? 完璧なバーディやパーは,完璧なティショットに宿っていると思い込んでいませんか? もしそうだとしたら,本書をぜひ一読してください。
  • OBやハザードに打たないという安定性が大事なのであって,第2打が打てる場所,つまりラフや傾斜地でもOKと割り切って打つことが,結果的にティショットのミスの度合いを少なく抑えてくれるのです。
  • ドライバーではフェアウェイキープの確率が低い状況で,ドライバーを思い切り振り回すのは勇気でも何でもありません。ただの無謀な策です。そんな人はスコアメイクの智恵に乏しい悲しきゴルファーです。
  • 私はトーナメントプロのコーチをすることもありますが,誰もが最初に「自分はどこを向いていますか?」と質問します。スイングのチェックよりも,まずアドレスの体の向きを確認しようとします。そのくらいプロたちは,自分がどこを向いているかということに対して,物凄くシビアなのです。
  • 100ヤード先の目標で7〜8ヤード左,200ヤードも先なら15〜20ヤード左を向く感じとなります。
  • 体操の内村航平選手のインタビューをテレビで見ていて,感服させられたことがあります。「どんな体操が理想ですか?」という質問に対して,内村選手は「朝起きてもすぐに宙返りができるようにしたい」と答えていました。
  • ミスの許容範囲を広く取るのは,あくまでも結果に対してのことであって,最初から目標を広く取ると痛い目に合います。広いホールほど目標を的確に一点に絞らないとボールが曲がってしまうということを肝に銘じておいてください。
  • 実はティショットの成功でパーオン率が上がるのはプロレベルの話であって,大半のアマチュアゴルファーの場合は逆にパーオン率を下げてしまっているのです。ティショットの成功からくる達成感から第2打の緊張感が薄れてしまうのもその原因の1つですが,逆に緊張しすぎて失敗するケースも多々あります。
  • ショットの方向がバラついているときにティアップを高くすると,ボールが上がりやすい反面,左右への曲がりが増長されていまいます。スイングを壊すことにもなりますから,調子が悪いときは低めのティアップで対応しましょう。
  • 私たちプロが考えるフルスイングとは,100回打って100回飛ばせる最大距離のことで,決してフルパワーではありません。その人の筋力と柔軟性,技術力でできる,クラブを何回振っても同じ距離を出せるマックスのスイングがフルスイングなのです。
  • アメリカでは「ヒップターン」をスイングの動力にすることを教えます。ところが,日本では手打ちに対抗して「ボディターン」という言葉がよく使われます。実はボディターンは和製英語であって,ボディって一体どこなの?という疑問を多くのゴルファーに植えつけてしまい,それが大きな勘違いを招いているのです。
  • 最初のうちは,みぞおちを右に向けてバックスイングし,切り返しでみぞおちを目標に向けるイメージでスイングしてみてください。みぞおちの回転によって自動的にヒップターンが行われて,腕やクラブを振ろうとしなくてもフィニッシュまで一気に振れるようになることを体感できるはずです。
  • クラブを持ってバックスイングするとき,左肩甲骨が外側,右肩甲骨が内側へ動かすことにより,腕が時計回りにローテーションします。また,フォロースルーでは右肩甲骨が外側,左肩甲骨が内側へ動かすことにより,反時計回りに腕がローテーションする意識を持つと手を使うのではなく,肩甲骨で腕が振られることが理解できるようになります。
  • 正しい腰の動きとは,バックスイングで腰を右に平行移動し,ダウンスイング以降は腰を左に平行移動するイメージです。直立の姿勢のままでこれをやると,明らかにシーソー的な動きです。ところが骨盤を前傾させてシーソーの要領で腰を動かしてみてください。バックスイングで右腰が切れ上がる感じ,ダウンスイング以降は左腰が切れ上がる感覚がするでしょう。
  • 調子がいいときは70台も出るけど,調子が悪い簡単に90台も出てしまうというおは,手打ちだからです。アプローチやパットの出来は別にして,ヒップターンの場合は調子の波にそれほど左右されません。スコアを破壊してしまうほどの,ショットのミスが起こりにくいわけです。
  • ヒップターンの極意は左ヒザを伸ばすことで,腰の回転に拍車をかけるところにあるのです。腰を回そうと思うと難しくて,途中で挫折してしまう人が多いのですが,左ヒザを伸ばしてやるだけでヒップターンが身につくと思えば,それほどハードルは高くないはずです。
  • (パー3ホールで)理想的なティアップの高さはボールが芝の上に少し浮く程度です。しかし,勘違いして欲しくないのですが,プロたちは実際にティを打っていません。ボールだけをクリーンにとらえ,ボールの先のターフを薄く取っています。
  • 「空を見て風を読む」という人もいますが,何千メートルも上空を流れる雲を見ても,あまり参考になりません。雲の流れとグリーン上の木々の揺れやピンフラッグのたなびき具合が違うことはよくあり,この場合は雲の流れは無関係ですから無視しましょう。

動画 // ルーク・ドナルド,マスターズ2011 最終日最終ホールでのチップイン

そういえば,ゴルフパートナー日本橋室町店に行ったときに,藤川店長から「マスターズ2014優勝予想」なるものを書かされ(当たると何かもらえるみたい),僕は予想というか願望で「ルーク・ドナルド」ともちろん書いたわけですが(まともに考えると,アダム・スコットかジェイソン・デイかダスティン・ジョンソンという気がするが),それより前に「ルーク・ドナルド マスターズ」で検索したら,2011年のマスターズ,最終日最終ホールのチップインのことを知りました。(僕がルーク・ドナルドのファンになったのは2012年秋からなので,それ以前のことは勉強中であります)


映像を見ると分かるように,ピンに向かった2打目(しかも球はラフで足場はバンカー)は不運にもピンに当ってグリーンの外へ(『風の大地』みたいだな),しかしそこからチップインバーディーで,マスターズ制覇に望みをつなぐ……,という状況だったらしい(結果的にルークは10アンダーの4位タイ,優勝は14アンダーのチャールズ・シュワーツェル)。それもあっての,いつも以上のガッツポーズをルークがしてるわけですね。

今年のマスターズでも,こんなルークの胸熱なシーンが見たい!!

動画 // ルーク・ドナルドの "The Moment"

「世界一のショットメーカーと呼ばれるルーク・ドナルド。彼自身が語る、上達への飽く­なき探究心と、完璧なアイアンショットとは。」


  • 練習ドリルひとつをするにしても,今日達成したいゴールを必ず決める。
  • 何度も何度も同じことを繰り返すことだってある。
  • ゴルフは常に一打ずつ。目の前の一打を,自分がどう打ちたいのか。
  • 練習は楽だと意味がない。
  • ゾーンに入っているときは,何も考えない。
  • アドレスに入り,ターゲットを見て,良いショットを打つことを信じて打つだけ。
  • 自分の本能を信じるんだ。
  • 自分自身に高いレベルを求め続けることが大切。
  • 今の自分を信じる。それが何よりも大切。

練習は楽だと意味がない!!!

マレット型+スーパーストロークにしてみた!

今使っているパターは PING ANSER 5 なのですが(PING型なのにフェースバランスというスグレモノ),妻のパター(オデッセイの WHITE ICE #5)を家の中で打っているうちに,マレット型パターの方がいいんじゃないかという気持ちがここ数日抑えきれなくなってきていて,かつ,流行りのスーパーストロークを試したいという気持ちも抑えきれず,ゴルフメッセの人に聞いたところ「やっぱりスーパーストロークが合うのはPING型よりはマレット型でしょうね,ちょうどいいのは2.0で,5.0だと太すぎと思う」という言葉に背中を押されるかたちで,小春日和の今日,神田のゴルフパートナー(日本橋室町店)まで足を伸ばし,先日半年の名古屋転勤から東京に戻られた藤川店長に挨拶がてらパターを物色したのでありました。

藤川さんは,「ミケルソンみたいな例もあるから(オデッセイの#9にスーパーストローク),スーパーストロークだからといって必ずしもマレット型じゃなくてもいいかも」とは言われましたが,最終的にはオデッセイの WHITE HOT XG #5(同じ#5でも WHITE ICE  よりちょい小ぶり,そしてインサートはちょい硬め)の34インチ,そしてスーパーストロークの Mid Slim 2.0 黒を選びました。

すべてにおいて無難な選択であるのことは,十分承知しています。現行の33インチから34インチにしたのだけが冒険でしょうか。





パターのグリップ交換を自分でやる勇気はなかったので,藤川さんにやってもらいました(工賃タダだったし)。さらに,ゴルフパートナー日本橋室町店では,Facebookでチェックインすると10%オフ!(ステマ)

しかし,スーパーストロークはプロにもアマチュアにも大人気みたいですね。買い取ったパターのグリップがボロくても,スーパーストロークに交換するとすぐ売れるのだとか。

肝心の「打ち心地はどうなんだ」という件は,次回のラウンド(同僚Hisaとの対決)の結果で判断します。30パット切りたいな〜。ベストは31パットなので。

(2014/5/20 追記)
先日のラウンドで,久しぶりに前のパター(PING ANSER 5,グリップは純正の)に戻してみた。グリップするときに両指の人差し指を伸ばしてグリップの側面につけるようにしたら,手首が使えなくなって,いい感じ。これならわざわざスーパーストロークじゃなくてもいいかな,と思ったのは事実です。


WITB // フレッド・カプルスのクラブセッティング // 2013年11月現在

アメリカのチャンピオンズツアーで,先週の東芝クラシックは優勝,今週のミシシッピ・ガルフ・リゾート・クラシックでも初日トップと,最近好調なフレッド・カプルス。かつてはドライバーにテーラーメイドR510TP,FWにテーラーメイドVスチールを使っていて,しかも今のシューズはECCOと,そんな面だけで勝手に非常に親近感を抱いているんですが,そんなカプルスはいまどんなクラブを使っているのか気になった。



2013年11月現在
  • ドライバー // TaylorMade SLDR
  • ハイブリッド // TaylorMade Rescue (2011)
  • アイアン // Bridgestone J40 Dual Pocket Cavity
  • ウェッジ // Callaway X Forged and TaylorMade ATV
  • パター // Bettinardi Belly
  • ボール // Bridgestone Tour B330 S
  • アパレル // Ashworth
  • フットウェア // ECCO
ソース:
http://www.golfmagic.com/equipment-news/in-the-bags-kenny-perry-and-fred-couples/17520.html#ixzz2jhbM7eyN http://www.tourprogolfclubs.com/players/fred-couples

ブリジストンのキャップが印象的なカプルスだけど,アイアンとボールだけがブリジストンなんですね。ウッドはあいかわらずテーラーメイド。ハイブリッドは2011年モデルのレスキューだけど,ドライバーはSLDR。気に入ったクラブは長く使う印象のがるカプルスだけど,それだけSLDRはいいってことなんですかね。

22 Mar 2014

WITB // ジャスティン・ローズのクラブセッティング // 2014年2月13日現在 // ノーザントラストオープン

今週のアーノルド・パーマー・インビテーショナルでは惜しくも予選通過なりませんでしたが,ローズのスイングは本当にスムーズでキレイですな。そして,アシュワースの顔といえばジャスティン・ローズなはずだったんですが(あとフレッド・カプルスか),椎名桔平がブランドアンバサダーになって,とたんに購買意欲が落ちてしまいました。椎名桔平的なものはとは何なのか,椎名桔平は何を表象しているのか,椎名桔平を起用することでどんなターゲットにどんなメッセージが届くのか,教えてください。

そんなジャスティン・ローズのクラブセッティングです。



2014年2月13日現在 // ノーザントラストオープン
  • ドライバー // TaylorMade SLDR / ロフト 9.5度 / シャフト Matrix Ozik Black Tie 6M3
  • 3W // TaylorMade JetSpeed / ロフト 15度 / シャフト Matrix Ozik Black Tie 7M3X / 長さ 43.5インチ / Tipped 1.5インチ
  • アイアン // TaylorMade Tour Preferred MC(3番-6番) / シャフト KBS C-Taper S+ Flex / バランス D3.5-4
  • アイアン // TaylorMade Tour Preferred MB(7番-PW) / シャフト KBS C-Taper S+ Flex / バランス D3.5-4
  • ウェッジ // TaylorMade ATV / ロフト 52度,56度 / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • ウェッジ // Cleveland Tour Action Reg. 588 / ロフト 60度 / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 Tour Issue
  • パター // TaylorMade Spider Blade 32 Prototype / ロフト 3度 / 長さ 35インチ / ライ角 71度 / インサート Aluminum PureRoll / ヘッド重 356グラム / 全重 596グラム / グリップ 15" counterbalance Spider Cyan prototype
  • ボール // TaylorMade Tour Preferred
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=4&witb=%2F97226%2Fjustin-rose-witb%2F
SLDRを使っているわりには,ドライバーのロフトが立ってる印象。スプーンと合わせて,シャフトは純正なんですね。アイアンは6番までと7番からのミックス。ウェッジはなぜか60度だけがクリーブランド。

ラウンドの記録 // 真名カントリークラブ // ラウンドレッスン!

通っているスクールのラウンドレッスンで,真名カントリークラブの真名コースでプレーしました。僕の組は3人いて,コーチがひとりついてくれてショットを打つたびにいろいろ指摘してくれる,というかたち。

まだ冬の芝
子供用プールのような人工池


練習場は2階打席もある


コーチに指摘されたことをまとめると,
  • やっぱりテイクバックで右膝が伸びるクセがある。
  • ターゲットより右を向いて構えがち。
  • パターはしっかり球をつかまえて打つこと。スパットを近くに設定してそこを狙うこと。
    • 球をにがし気味に打っていたから,「スライスラインが苦手でしょ?」って言われた。
  • ティーショットで(スライスが持ち球だから)左を向くのはいいけれど,全体的に左を向いてしまっているので,構えからしてスライスしそう。
  • そもそもティーが高い! そらテンプラするわ。
    • 何かのCM見て,やったらティー低いなぁと思ってたんだよね。
    • そしてティーを低くしたら,当然テンプラは出なくなり,球筋も若干安定した。
  • テイクバックのテンポが速いのにダウンスイングがゆっくりだから,インパクトでゆるんでる。
  • とにかく意識すべてきはアームローテーション。そして思い切って振ること!
  • バンカーショットはオープンスタンスにしすぎ&フェース開きすぎ。
  • ショートゲームは問題なし。
    • 今日は特にウェッジ(PW,52度,56度)を使ったランニングアプローチが上手く打てた。
今日はVスチールの7番ウッドをちょいちょい使ったけど,距離が稼げてラクだったな。ティーショットが短かったときにパー4ホールとか,パー5ホールの2打目で。

そして今日のクラブセッティングは,
  • ドライバー // YAMAHA Inpres X 4.6D Type S / ロフト 10度 / シャフト ALDILA NVS 65 R
  • FW // TaylorMade Vスチール USモデル / ロフト 16.5度,18度,21度 / シャフト 純正 R
  • アイアン // Mizuno MP-64 / 4−PW / シャフト ダイナミックゴールドCPT S200
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM4 / ロフト 52度,56度 / シャフト ダイナミックゴールド S200
  • パター // PING ANSER 5 / 長さ 33インチ
でした。引き続きマレット型パター欲しい病に罹っております。

リシャフト // YAMAHA Inpres X 4.6D Type S + ALDILA NVS 65 R

前に YAMAHA Inpres X 4.6D を中古で買ってて,それはたまたまシャフトが Tour AD PT-6 S で良かったんですが,普通の4.6Dはフックフェースだということを知らなかった。ということで,試しにストレートフェースの Type S を買ってみたのでした(中古で4000円)。シャフトはいつもの ALDILA NVS だけど,硬さを R にしてみた。Sで振動数が260rpmだったのが,Rは243rpm。これぐらいがラクに振れるかも,というか,しなりを意識していいスイングになるかもしれませんな。



  • ヘッド:YAMAHA Inpres X 4.6D Type S(ロフト 10度)
  • シャフト:ALDILA NVS 65 R
  • 長さ:45.0インチ
  • バランス:D0
  • 重量:314.0g
  • 振動数:243cpm
  • フェース高さ:51mm
  • 重心高さ:34mm
  • 重心距離:36mm
  • ヘッド重量:199.0g
  • ホーゼルの深さ:31mm
  • ホーゼル径:335tip
  • グリップ:GOLF PRIDE ベルベットラバー360
  • その他:スパイン調整(センターフレックス)済み






面白いと思ったのは,テーラーメイドのR510TPは小さめのヘッドだけど,重心距離が39mm,一方のこのInpresは36mmということで,いかに(私のような)フェースが開きがちの人向けに作ってあるか,ということですね。あと,フェース高さに関しても,R510TPが56mmなのに対してInpresは51mm。

YAMANA Inpres については,こちら↓が参考になる。

GOLF Partner // 月刊辛口番付 気になるクラブを試打ランキング > VOL.10 ヤマハのインプレスXシリーズ 歴代ドライバー4本 
http://www.golfpartner.co.jp/html/gpcom/GEAR/GMK120111/GMK120111.html

そういえば,Inpres X 4.6D Type S と普通のやつを打ち比べたところ,普通のやつ(フックフェースのやつ)だからといって球がめちゃくちゃつかまるというわけでもないし,Type S(スクエアフェース)も構えるとちょっとフックフェースに見えなくもない。シャフトとの相性もあるかもしれないけど,Type S の方が球の散らばりは少なかったです。

21 Mar 2014

Mizuno MP-4 + Dynamic Gold S200 を打ってみた

久しぶりに葛西の練習場に行って,併設されているゴルフパートナー&ヴィクトリアのショップを初めて見た。本当は中古のパターを物色したかったけどそれはなかったので,ドライバーやらアイアンやらの無料試打クラブに目が行き,その中から Mizuno MP-4 + Dynamic Gold S200 の7番アイアンを借りて試してみた。





今使っているアイアンは Mizuno MP-64 + Dynamic Gold CPT S200 だけど,それに比べたら球が上がらない。同じようにスイングしているつもりだけど,引っ掛け気味の低いフックになる。前に五反田のヴィクトリアで試打したときもそうだったけど,シャフトが重いほどフックの度合いが強まるのはなんでだろ。

MP-4がカッコイイのは間違いないけど,手を出さないで正解だったかな。いや,DG CPT を挿したらまた違うかも……,などと,ひとり悶々とする夜。

ちなみに,一緒に行った師匠kkは,三浦のCB-1006に80グラム台のカーボンがささっているやつ,という,なんともヘンチクリンなものを持ってきていたけど,それだと球上がるんだよね。球筋もほぼストレートだし。やっぱりシャフトの重さなのかなぁ。

本 // 中井学『ゴルフ 100ydシングルになる!』池田書店

ゴルフ 100ydシングルになる! (-)
中井 学
池田書店
売り上げランキング: 28,550
  • データによればゴルファー全体の約95パーセントが70台を出した経験がないそうです。
  • OBを打つのがスコアを悪くする一番の要因ではなく,OBを打った後の処置が悪いのです。OBを打たないことではなくて,100yd以内から3打で上がれるコースマネジメントを身につけることが80切りには重要なのです。
  • パー4ホールにしてもパー5ホールにしても,100yd以内からの攻め方を先に考えてみてください。ドライバーショットの落とし場所を決めるとなると,ティショットに対する集中力も増すし,セカンドショット以降のプレーも集中できます。
  • 100ydシングルとは,100yd以内を3打,もしくは3打以内で上がることをコンセプトにしています。
  • アベレージゴルファーがシングルになれるかどうかは,自分の距離感がつくれるかどうかにかかっていると断言してもいいくらいです。
  • キャリーで100yd打つショットもあれば,キャリー50yd+ラン50ydなど,様々なショットをイメージする力をつけよう。
  • バックスイングが2の大きさなら,2の大きさなりにフルスイングします。ところが,「普段は飛びすぎることが多いから注意しよう」なんて考えると,大半のアマチュアは8くらいのバックスイングをして,2の大きさしか振り抜こうとしません。
  • ボールを高く上げることが,スピンをかけることではありません。低い角度で打ち出すくらいの意識を持っていることから,スピンがかかるのです。
  • アプローチの基本を言えば,低く少ないキャリーでボールを転がすのがランニングアプローチで,ボールを上げて転がすのがピッチエンドランです。キャリーとランの大体の目安としてはランニングアプローチは2対8か3対7,ピッチエンドランは5対5から6対4,7対3といったところでしょう。ところが,アメリカにはこの2つを分ける概念はなくて,チップショットと総称しています。
  • バンカーショットは,インパクト時の砂の抵抗を考慮して大きめにスイングしましょう。ピンまで20ydとすれば,芝の上からサンドウェッジで50〜60ydを打つショットと同じくらいの約3倍近い振り幅が必要です。
  • パットが上達しないという人によく見られる傾向が,テークバックよりもフォロースルーを大きくとろうとする打ち方です。
  • 8番アイアンなどで100ydを打つことができるようになれば,強いアゲンストが吹いているときなどに大きな武器になります。軽く振ることで弾道が低くなり,風の影響をそれほど受けなくてすみますし,距離感や方向性のブレが少ないというメリットもあります。
  • 原則として,100yd以内からは自分ができるというイメージを持てるプレー以外は絶対にやらないことです。
  • 失敗をプラスに変える方法と,マイナスにしかならない方法があるのです。
  • 最近のドライバーは低重心設計のものも多く出回っていて,弾きのいいディスタンス系のボールですと十分なスピンがかからず,ボールが早くお辞儀してしまい,キャリーが低下するケースも多いのです。
  • ツマ先側が下がった傾斜地では普通に構えるとクラブヘッドのトゥ側が地面から離れます。ということはインパクト時にリーディングエッジがボールの赤道よりも上に当たりやすく,トップにしかならないわけです。ではどうするかというと,フェースをかぶせるのです。フェースをかぶせることで,ボールが目標よりも左に飛び出しますから,フェースのかぶせ具合に応じて,体を目標よりも少し右に向けましょう。
  • ラフからのショットでは,インパクト時の芝の抵抗に負けないようにと上から力いっぱい打ち込もうとする人がとても多いのですが,そんな人に限ってクラブヘッドを鋭角に入れすぎて,いつも失敗しています。
  • 目玉のバンカーショットで,砂が少しでも硬く感じられた場合は,シャフトとクラブヘッドが自分から「逆く」の字に見えるくらうまでサンドウェッジのフェースをかぶせましょう。そして,上から鋭角に打ち込み,ショベルカーのごとくボールを砂ごとほじくり出します。

WITB // アダム・スコットのクラブセッティング // 2014年2月24日現在 // ホンダクラシック

2イーグル,7バーディー,1ボギー。アーノルド・パーマー・インビテーショナルの初日に10アンダーと爆発したアダム・スコットのセッティングを見過ごすわけにはいかないな。




2014年2月24日現在 // ホンダクラシック
  • ドライバー // Titleist 913 D3 / ロフト 9.5度 / シャフト Graphite Design Tour AD DI-8X
  • 3W // Titleist 910 F.d / ロフト 15度 / シャフト Fujikura Rombax P95 X-Flex
  • ユーティリティ // Titleist 712U(2番) / シャフト KBS Tour
  • アイアン // Titleist 680 Forged(3番-9番) / シャフト KBS Tour
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM5 / ロフト 48度,54度 / シャフト KBS Tour
  • ウェッジ // Titleist Vokey TVD 2014 Prototype / ロフト 60度 / シャフト KBS Tour
  • パター // Scotty Cameron Prototype
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=26&witb=%2F190180%2Fadam-scott-witb-2014%2F

ウッドはドライバーとスプーンだけ,鉄は2番のアイアン型ハイブリッドからという,男前のセッティングだね。パターが長尺であることを除けば,いまPGAツアーでいちばんの男前なんじゃなかろうか,いろんな面で。

WITB // 石川遼のクラブセッティング // 2014年1月23日現在 // ファーマーズ・インシュランス・オープン

アーノルド・パーマー・インビテーショナルの初日,10アンダーのアダム・スコットもたいがいすごいと思ったが,石川遼も7アンダーで見事に2位タイ,の好スタート。ちなみに,ふたりの Strokes Gained - Putting は,スコットが5.067,石川が2.817だったので,ふたりの3打差のうちパットによる差が2.25打。だからショットのクオリティとしては同等(といっても1ランドで0.75打差は大きいけど),といったところでしょうか。

ということで,石川遼のクラブセッティングです。



2014年1月23日現在 // ファーマーズ・インシュランス・オープン
  • ドライバー // Callaway Big Bertha / ロフト 8.5度 / シャフト Graphite Design Tour AD GT-7TX
  • 3W // Callaway X Hot / ロフト 15度 / シャフト Graphite Design Tour AD GT-8 TX
  • 5W // Callaway X Hot / ロフト 17度 / シャフト Graphite Design Tour AD GT-8 TX
  • アイアン // Callaway X Forged(3番-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue
  • ウェッジ // Callaway X-Forged / ロフト 50-12,54-14 / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue
  • パター // Odyssey Versa 9
  • ボール // Srixon Z-Star XV
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=18&witb=%2F186151%2Fryo-ishikawa-witb-2014%2F

最近のニュースによると,FWは同じヘッド(17度表示のものを16度に立ててる)と同じシャフト(Tour AD GT-8 TX)で,ただ長さが42.25インチと42インチで違わせているらしいですけどね。それぞれ「4番ウッドと5番ウッドと呼んでいる」んだって。
http://news.golfdigest.co.jp/news/tgt/pga/article/49260/1/

こういうアイデアは真似したい。

2014年モデル PING ラプチャーFWの登場 // Fairwaygolf

PINGのラプチャーFWが発売されるらしい!!
http://ameblo.jp/californiagolf2012/entry-11800599975.html
http://www.fairwaygolfusa.com/index.php





定価USD495,ロフト13度,長さ43.5インチ,フレックスはR/S/Xの3種類。スペックは過去記事で書いた通りだね。

SLDRミニドライバーはまだか……。

↓過去記事。
GOLF 103: ドライビングFW時代の到来? PINGはラプチャー3ウッド

20 Mar 2014

最高のマレット型パターはどれだ!2014 // MyGolfSpy

PING型のパター(PING ANSER5)を使っている身としては無視したかった記事なんだが,スコアップの鍵はどうもここにありそうな気がしているので,避けられない。MyGolfSpyによる,マレット型パターの打ち比べ記事。



MyGolfSpy: 2014 Golfs Most Wanted Mallet – The Results
http://www.mygolfspy.com/best-mallet-putter-2014/

最初にテストの条件なんかが書かれてあって,
  • テスター数:10
  • テスターのハンデキャップ:2-20+
  • テストしたパターの本数:24
  • パター一本あたり打った球の数:10
  • テスターひとりあたり打った球の数:360
  • テスターひとりあたりの所要時間:4.5時間
おつかれさまでした,って感じだね。
We met the 24 competitors and once again reemphasized that accuracy is the ultimate factor that matters when we have our putter on the course. To assess accuracy, we had each tester take five putts at distances of 5, 10, and 20 feet, recording the distance that each putt ended up from the edge of the cup. That means measurements were taken for 15 putts per putter with each tester, totaling 150 putts per putter!
このテストでは,パターの「正確性」でもって順位をつけた。で,どうやって正確性を測ったかといえば,各テスターがカップから5フィート・10フィート・20フィートの場所から5球ずつパットして,それぞれの球がカップのエッジからどれぐらい離れた場所に止まったか,その距離を測定した。つまり,ひとつのパターにつき150球打ったことになる。
というようなかたちで「正確性」を測ったわけだけど(実際にはいろいろな調整をしてスコアリングしているけど),テスターのハンデとかストロークのタイプとか関係なく,とにかく全部ひっくるめてパターの「正確性」を測った,ということが強調されてます。
A putter's looks may motivate you to buy it in the shop, but liking how a putter looks, or being loyal to the company that made it, will not make you putt better. It will just add another unused putter to your cache in your garage. Even the “ugliest” of putters should start to look better and better to you as you hit the cup more and more often. I bet you will find that increased accuracy will actually end up positively influencing your aesthetic opinions.
パターの見た目次第で,ショップでの購買意欲がそそられるかもしれない。でも,そのパターの見た目が好きとか,そのメーカーが好きとかいうので,パットが上手くなるわけじゃない。そうやって買っても,結局は押入れの中で使われないで眠ってるだけのパターになるでしょ。「ダサい」パターだったとしても,それでじゃんじゃんパットが入るようになると,そのパターはどんどん良く見えるようになるかもしれない。間違いないのは,パットの正確性が向上すると,結局はそれがあなたの美的感覚にもいい影響を与えるよ。
これは耳の痛い文章だ……。「スコアを最小化するために道具を選べよ」ってことだね。で,気になる結果は以下のとおり。10位まで書くけど,リンク先にはちゃんと24位までランキングされてます。
  1. PING KETSCH
  2. WILSON STAFF VIZOR LEVEL 2 M3
  3. PING NOME TR
  4. PING SCOTTSDALE TR SENITA B
  5. BETTINARDI BB55-CB
  6. ODDSEY TANK 2-Ball
  7. BETTINARDI BB55-CB
  8. NIKE MOD 00
  9. PING CRAZ-E TR
  10. SEEMORE PTM3
オデッセイが上位に来ていないのが,意外っちゃあ意外かな。でもやっぱり,センター部分がふくらんでて,カップへの方向性を意識させるラインがあるようなのが良さげね。PING KETSCH の何がそんなにいいのかについては,追って記事があるそうです。期待!

イメージトレーニングの効果,体の感覚

Fight Clug: ダーツの実験
http://blog.zaq.ne.jp/fightclub/article/314/
学生たちをいくつかの群に分けて、初日にダーツ50投、8週間後にもう一度50投して点数を比較するんだけど、その間、何にもしない群、週5日30分間にダーツを50投する群、それからイメージトレーニングの日と実際の練習を交互にする群に分けた。イメージするっていうのは、椅子に座ってリラックスした状態で、自分が立ってダーツを握ったときの指の感触、リリースから的に当たった瞬間までをしっかりイメージする。
結果、どうだったかというと、何もしなかった群はもちろん上達はなし。毎日投げ込みをした群は平均67点アップ。イメージトレーニングと交互にした群は平均165点アップの好成績だった。これには学者さんもびっくりしたそうだ。
イメージ法といっても色々あって、目で見ている傍観者の立場でのイメージじゃ効果は少ない。自分が身体を動かしているイメージ、つまり頭の中で運動をしていることが大事なんだ。
結局,「体を内側から感じる」ことが大事なんだね。スクールに行っても自分のスイングの映像を見せられるけど,それと自分の中の感覚を照合させる過程が大事ということか。

それで思い出した。石川遼についてのこの記事が印象的だったんだ。

GDO: ショット復調に「スッキリした」 石川遼は65位で最終日へ
http://news.golfdigest.co.jp/news/pga/article/49190/1/
「昨日の練習での出来が良くて『このまま寝ずに練習して、感覚を消したくない』と思ったくらい。一回寝て、(感覚が)消えちゃうのがすごく嫌だったから。忘れないように、(スイング中に)どういう景色が見えて、体のどこが張って、どこが捻じれているかをずっと考えていた。今日の朝の練習でできていたので、スッキリした」
上手いとか上手くないとか関係なく,こういうのって感じるようにしなければずっと感じられないままだよね。感じるように意識を持っていって,それで徐々に神経がつながっていくイメージ。

19 Mar 2014

右膝,バンプ,腰の回転,アームローテーション

最近,練習で取り組んでいることのまとめ。
  • テイクバック:右膝が伸びないこと。あるいは右の股に乗るイメージ。シャットフェースだと右脇がひらくので,自然にアームローテーションするように。
  • 切り返しで:バンプ。上半身も下半身も回転角度を変えないまま,そして首の付け根の位置は変えないまま,骨盤だけそのまま左に。
    • ドライバーショットのときは,これと同時に手が落下しつつ,フェースはすでに閉じ始めている感覚。
  • 下半身主導で:中井学のいう「腰のクネクネ運動」よりは,同じく中井学のいう「みぞおちを前に向ける」というイメージの方が,腰が切れている。
  • アームローテーション:佐久間馨のいう,「左手でピストルの引き金を引く」イメージ。
  • スタンス:野球やっていたころから,クローズドに構えるクセがあるので,自分ではちょっとオープンに感じるぐらいで構えるとちょうどいいはず。

右膝が動かいないで,というのは,↓で書いたジャンボ尾崎の「右膝に体重をかけるようにすればいい」を参考にしている。
GOLF 103: 「書斎のゴルフ」編集部『イラストレッスン ゴルフ100切りバイブル』日経ビジネス人文庫

バンプは,こちらを参考にしている
理学療法士のゴルフレッスン: 『バンプ』と『右倒れ』の違い

中井学の「腰のクネクネ運動」は,この本に書かれていた:
GOLF 103: 中井学『ゴルフ 無駄な知識を捨てる技術』池田書店

同じく中井学の「みぞおちを回す」件は,こちら:
GOLF 103: スイングの「動力」って

佐久間馨の「左手でピストルの引き金」は,こちら:
GOLF 103: 佐久間馨『練習ぎらいはゴルフがうまい!』ゴルフダイジェスト新書

PGAが教える,飛距離の出し方 // PGA

PGA: A Lesson Learned - Draw it for distance

Russell Henley's distance off the tee was 
critical to his win at the 2014 Honda Classic


まずはドローボールを打ってって話なんですけどね。

  • ティーを高く。これでちょっとつま先上がりのライを同じ効果になって,スイング軌道がインサイドアウトになりやすい。
  • バックスイングを大きく。こうすることで,スイングのテンポがスムーズになって,体重移動が十分に行なえる。
  • 上半身をリラックスする。これで,捻転差のきいたダウンスイングになる。
  • アラインメントを確認する。ターゲットラインに対してスクエアにかまえているか。
  • フィニッシュポジションを高くとる。
どれも「わかっちゃいるんだけど」って内容ですがね。

それと,リンク先にはマーティン・ホール(ゴルフネットワーク視聴者にはおなじみでしょう),PGA Director of Instruction at Ibis Golf and Country Club in West Palm Beach,のレッスンビデオもあって,「こんな面白いおっちゃんだったっけ?」って感じで喋ってるけど,面白いドリルを見せてくれてた。捻転差,またの名を「Xファクター」を可視化する,とでも言えようか……,上半身(脇の下あたり)と下半身(股の付け根あたり)に棒をひっつけて,この2本の棒が同時に動かないように,バックスイングでは上の棒が先に回転し,ダウンスイングでは下半身が先に回転するようにせよ,と。「見てるより,やってみることが大事だよ!」って言ってるけど,日本の住宅事情でこんな棒つけて練習できるかい。

本 // 中井学『ゴルフ パットシングルになる!』池田書店

ゴルフ パットシングルになる! (池田書店のゴルフシリーズ)
中井 学
池田書店
売り上げランキング: 13,970
  • 「パットシングル」を目指すことを,あなたい提案したいと思います。18ホールの合計で,毎回36パット以内でラウンドする力がついたら,立派なパットのシングルゴルファー。そのときから,アプローチやアイアン,ドライバーなどのショットに対する考え方も180度変わり,大きくレベルアップしているはずです。
  • すべてのホールで2パットであがることを目標にするには,それなりの作戦をしっかりと練る必要があります。ティグラウンドからスタートして,最高のドライバーショットを打つ,ピンを狙って最高のアイアンショットを打つ。多くのゴルファーはプレーの理想ばかり追い求めようとしますが,こんな考え方では通用しません。完璧なショットを打つことは捨てて,ピンのほうからティグラウンドへと逆にたどり,安全で確実な攻略ルートを探りましょう。
  • グリーンを狙うショットにしても,ピンに寄せたいアプローチにしても,パットを入れやすい場所に乗せていないし,寄せていない。それが原因なのに,パットが入らないかスコアがつくれないと考えて,パットに責任を押しつけるなんて本末転倒です。難しいパットを打つ回数を減らし,やさしいパットを打つ回数を増やす。これが,パットシングルになる決め手といえます。
  • 重要なのは,パターのライ角どおりに構えること。パターのソール全体が,地面に均等に触れるように構えます。使用しているパターにもよりますが,ボールから離れて両手を低くしたハンドダウンの構えでは,フェースを狙った方向よりも左に向けてしまいます。そのため,カップの左側にはずれることが多くなります。
  • ボールの位置を前後左右に少しずつ変えてみて,自分で意識しなくても適度なアッパーブローの軌道でインパクトを迎えられるポジション,そしてフェースの芯とボールの芯が勝手にぶるかり合うポジションを探したのです。その結果,「ストローク軌道の最下点を通過した直後が,理想的なヒッティングポイント=左目の真下」であることに納得したのです。
  • (スコッティ・キャメロンは)ピン型パターが中心で,ロフト角は4度が標準。ボールをポーンと打ち出して,スキップゾーンをちょっと長めにしてから転がしていくという感覚といえます。これに対してテーラーメイドは,スキップゾーンを短めにして,ボールに早めに順回転をかけたいという方針です。ロフト角は2.5度前後が中心で,ヘッド形状もネオマレットなど直進性の高いパターに力を入れています。
  • どうやって距離感をつくるのか。ボールを転がしたい距離に応じて,ストロークの振り幅をコントロールしますが,振り幅を考えるよりも,ボールを転がすスピードを具体的にイメージするのが早道です。
  • ボール側からカップを見るだけでは,転がっていくスピード全体がイメージしにくいケースが多いので,カップ側からもボールのスピードを考えましょう。つまり,終速からイメージし,中速,初速へとなぞっていくことで,どのくらいのスピードで打ち出せばいいかが,より明確になります。
  • ロングパットの距離感が合いにくく,苦手意識のある人は,ストローク中のフェースの適度な開閉が使いやすいL字型やピン型が合っているといえます。逆にショートパットをよくはずしてしまうという人は,フェースの開閉を受けつけないネオマレット型が特に有効です。
  • 自分のミスパットの傾向を分析した結果,左に引っかけてカップの左に外してしまうケースが多いゴルファーは,ネオマレット型がいいでしょう。いつもカップの右に押し出してしまう人には,L字型やピン型を勧めたいと思います。

動画 // ヘンリク・ステンソンでもシャンクする!



GOLF.com: Video: Henrik Stenson Hits the Worst Shank Possible during WGC-Cadillac Championship
http://hotlinks.golf.com/2014/03/06/video-henrik-stenson-hits-the-worst-shank-possible-during-wgc-cadillac-championship/
These guys are good…except when they hit shots like this. Henrik Stenson, the third-ranked golfer in the world, was playing the second hole at the WGC-Cadillac Championship and hit what can only be described as the shankiest shank imaginable. To make matters worse, he was playing with Tiger Woods and Adam Scott. We can only imagine replays of this shot are being passed around the player’s locker room during today’s rain delay. Stenson took a penalty, dropped and finished with a double-bogey on the hole.
彼らはすばらしい……,こんなショットを打ったとき以外は。世界ランキング第3位のヘンリク・ステンソンは,WGCキャデラック選手系の第2ホールで,典型的なシャンクとしか形容しようがないシャンクを打った。さらに悪いことに,彼の同伴競技者はタイガー・ウッズとアダム・スコットだったのだ。このショットのリプレーは,雨で中断しているあいだの,プレーヤーたちのロッカールームで回し見されたのではなかろうか。ステンソンはこのホール,1打罰でボールをドロップしたあと,ダブルボギーで終わった。

ステンソンを貶める意図はまったくないのだが……,プロがシャンクしている映像を見るとちょっと安心してしまうアベレージゴルファー。しかもステンソンは,史上初めて,PGAツアーのFedExカップとヨーロピアンツアーのRace to Dubaiを制した(しかも同時に)人ですよ。かのストリッカーも2013年のUSオープンでシャンクしてたしね(しかもティーショットがドライバーで右OBのあとの,4打目)。

18 Mar 2014

ゴルファーとトレーダーが似ている9の理由 // Golf Digest

アメリカのオンライン証券会社であるチャールズ・シュワブのクライアント・エクスペリエンス部門シニアVPの Kelli Keough という女性が,いいゴルファーといいトレーダーとの9つの共通点を語ったみたい。
http://www.golfdigest.com/golf-tours-news/blogs/local-knowledge/2014/03/nine-ways-golfers-and-traders-are-alike.html
"First and foremost, both have a strategy. Active traders always do. It's actually critical for success in the markets to have a plan for how you're going to attack the market and then stick to that. I know that in golf, if you go in without understanding how you're going to navigate a course, your game may not be quite as strong.
まず最初に,ゴルファーとトレーダーはどちらも戦略を持っている。アクティブなトレーダーは,常にそう。マーケットで成功を収めるためには,どうやってマーケットに立ち向かうか,どうやってマーケットにしがみつくかという点について,計画を持っていることが絶対必要。ゴルフでも,自分がどうコースを攻めたいかを理解していないと,うまくはいかないでしょ。
"Using that plan, that strategy, will help you control your emotions, not letting frustration and anxiety take over. We know that happens in golf. In trading, it's actually really important too. Good traders are people who can control their emotions regardless of the way the market is going.
そういった計画や戦略を用いることで,感情をコントロールできる。フラストレーションや不安引きずるのではなく。ゴルフではよくあるよね。トレーディングでも,それが重要なのは同じ。いいトレーダーというのは,マーケットがどう動いているかに関わらず,感情をコントロールできるもの。
"Another similarity: Traders really focus on the terrain, just like a golfer. You can't be a master of the market overnight but you can do your homework, understand patterns, what has happened historically, and then adapt your game to it. That's very similar to what a golfer will do.
他に似ている点として,トレーダーが本当に自分の分野に集中していることが挙げられる。一夜にしてマーケットをマスターすることはできないけど,自宅で勉強して,パターンを理解して,歴史上何が起こったを学び,そして自分の攻略法を適用する。これはゴルファーがすることにとても似ていると思う。
"Technology matters both for traders and golfers. Golfers are always looking for the latest driver, the latest and greatest clubs that will fit their games and their style. Traders are also on the search for the best trading platform that works best for them, the best tools, the best research. Technology turns out to be a very important part of the (trading) game.
トレーダーとゴルファーの両方にとって,テクノロジーが物をいう。ゴルファーは常に最新のドライバーを求め,自分の戦略やプレースタイルに合うような最新で最高のクラブを求める。トレーダーもまた,自分に合う最高のトレーディングプラットフォームを求めているし,最高のツールと最高のリサーチを求めている。テクノロジーは(トレーディングの)ゲームの中で,とても重要な部分を占めるようになってきている。
"Traders aren't afraid to learn from experts. Our clients are very avid consumers of education, just as good golfers know they can learn from the experts. The commonality there is good golfers and traders really love to learn.
トレーダーは,専門家から学ぶことを厭わない。われわれのクライアントはとても熱心に教育を求めている。それはちょうど,いいゴルファーが専門家から多くを学べることをしっているのと同じ。いいゴルファーもいいトレーダーも,学ぶということをとても愛している。
"Focus on the whole game. With some golfers, the tendency is want to focus on woods, long irons, clubs that will give you distance. But we know that in golf, success is really driven by the short game. Same with trading. If you focus just on how you're going to buy a stock and forget the exit - the sale side of it - you're ignoring an important part of the game and that can actually hurt your success.
ゲーム全体に焦点を当てること。あるゴルファーは,ウッドやロングアイアンなど,飛距離の出るクラブに焦点を当てがち。だけどわたしたちは,成功の鍵はショートゲームにあることを知っている。トレーディングでも同じ。もし株を買うことだけに気をかけててエグジットのことを忘れていると,ゲームの重要なパートを見落とすことになる。そうしたら成功は望めない。
"Play one shot at a time. You can't get down on your last shot. Taking the last shot into the next is very hard on you and can hurt your emotional control. We see that with traders. We really try to help them focus their attention on that as a key way of managing their emotion. Along with that is knowing when it to call it a day. Sometimes your swing isn't there. Some days it's just not working as well. For traders, there might be some market conditions that their strategy doesn't work as well in or they don't understand. One of our biggest pieces of advice to clients: When in doubt, wait it out.
1回に1ショット。直前のショットに気をもまない。直前のショットを引きずったまま次のショットを打つことはとても難しいし,感情のコントロールがしづらくなる。トレーダーにも同じことが言える。感情をコントロールする方法として,彼らには今やっていることに注力させるようにしている。ゴルファーも,まったく調子が乗らないという日もある。トレーダーにも,自分の戦略がうまくハマらないようなマーケットの状況であったり,まったく理解できないようにマーケットが動く日がある。そういうときの最大のアドバイスは,「迷いがあるなら,待ってみよう」
"The final two really play into the learning and the journey and the fact you're not doing it alone. Golf can be a solitary sport. You can spend a lot of time by yourself. But we get a lot more enjoyment out of having a playing partner, having someone who pushes your game. My dad has a foursome he's played with about five days a week for the past 10 years. He gets enormous pleasure. Same with trading. It helps really bring that enjoyment out when you don't view it purely as a solitary adventure.
最後のふたつは学びと「旅」に関わってくるはなしで,あなたは一人でそれを行なっているのではないということ。ゴルフはときに孤独なスポーツで,多くの時間を自分ひとりで過ごすことになる。だけど,一緒にプレーする人がいると,ゴルフはもっと楽しくなる。私の父はこの10年,だいたい1週間に5回は一緒にラウンドする仲間がいる。とても楽しんでるよ。トレーディングも同じ。トレーディングが孤独な冒険じゃないと分かったときに,本当の楽しみが訪れる。
"Finally, enjoying the journey: golfers love the journey, getting better, always trying to master it. That is so important for traders. They really love the journey of trading. They're passionate. They love continuing down the path of learning."
最後に,「旅」を楽しむこと。ゴルファーは「旅」が好き,常に向上を求めている。それはトレーダーにとっても大事なこと。彼らはトレーディングという旅を大いに楽しんでいる。そして非常に情熱的。学びの道を歩み続けることを愛している。

(感想)
訳してはみたものの,めちゃくちゃ面白いってわけではないですね。とはいいながら,このなかでいちばん大事だと思えたのは「感情をコントロールする」ってとこですかね。「スコアが悪かったらコースのせいにすればいいんです!その方がストレスたまりません!」って言ってた人がいたけど,戦略を立てて実行して,結果が悪くてもその結果を素直に受け入れて,そしてそれを引きずらない,というのはとっても大事かも。

17 Mar 2014

本 // 「書斎のゴルフ」編集部『イラストレッスン ゴルフ100切りバイブル』日経ビジネス人文庫

日経新聞を定期購読している人向けのプレゼントがあって,それでこの本を手に入れたような。

イラストレッスン ゴルフ100切りバイブル (日経ビジネス人文庫)

日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 514,526
  • 英国の女流ミステリー作家,アガサ・クリスティはゴルフを愛していた。彼女は次のような言葉を残している。「諧謔と皮肉のゲームがとても人生を豊かにしてくれた。私はゴルフに深く感謝する」
  • 岡本綾子は,速いテークバックを戒める意味で次のことを言っている。「非常に速いバックスイングをするものに一流のプレーヤーはいません。クラブヘッドのスピードは必要だけど,バックスイングではまだその必要はないですからね」
  • サム・スニードが生まれ育ったバージニア州アッシュウッドは,地名が示す如く山深い森に囲まれた町。彼がゴルフに足を踏み入れたのは7歳のときだったが,貧しかったため,木こりのアルバイトをしながらゴルフを続けた。この少年時代の経験が彼の名高きナチュラルスイングの礎を作ったのだ。
  • 「頭は,インパクトまでボールの右に残すようにしている。しかもそれだけでなく,頭が傾かないようにも気をつけている。ボールをよく見て動かないようにすると,頭が寝る選手も多い。そうなると右肩がどうしても突っ込みやすくなるんだ。だから,アドレスでボールをアゴに向けたら,そのアゴをボールに向けたままスイングを行うこと。フォローで右肩がアゴの下に入ってくるまでじっと我慢してアゴを下に向けておくのだ」(ロバート・ガメス)
  • 「バックスイングでは右足,ダウンスイングでは左足というような体重移動は意識していない。それよりもスイングで体を右に捻じれば右足に,戻せば左足にというように自然に任せている。つまり上体の“揺さぶり”によるウェイトシフトを行っているんだ」(サンディ・ライル)
  • 「バックスイングで右膝が一緒に右に動くのは体を回しているとは言わない。横にずれていると言うんだ。だから絶対に右膝が動かないようにバックスイングすること。それには右膝に体重をかけるようにすればいい。そうすると,右足の内ももの筋肉が張ってくるだろう。その感じを意識してバックスイングするんだ」(ジャンボ尾崎)
  • 「私のグリップは手の平の中で小鳥を握るようにする。それも小鳥を逃がさないように強く,しかし握りつぶさない程度に柔らかく」(サム・スニード)
  • 「言ってみれば歯磨きチューブを握る強さ。強く握らなければ中身は出てこない。でも,強く握り過ぎると必要以上にピューッと中身が出てきてしまう。これが私のグリップの力加減ね」(ナンシー・ロペス)

ゴルフの英語を覚えよう。Hit a shot !

英辞郎で「hit shot」って検索したら,いろんなゴルフの表現が出てきた。 http://eow.alc.co.jp/search?q=hit+shot
  • hit a shot / ショットする / <<表現パターン>> hit [make, play] a shot
  • hit a shot close to the pin / ピン側につける / <<表現パターン>> hit [plant] a shot close [dead] to the pin
  • hit a shot fat / ダフる◆ボールの手前の地面を打つミスショット / <<表現パターン>> hit a ball [shot] fat
  • hit a shot high / ボールを高く打つ
  • hit a shot on the green / グリーンにのせる / <<表現パターン>> hit [get, land] a ball [shot] on the green
  • hit a shot out of bounds / OBを出す,OBを打つ / <<表現パターン>> drive [hit] (a ball [shot]) out of bounds
  • hit a shot over the pond / 池越えのショットを打つ / <<表現パターン>> hit [make, drive] a shot over the pond
  • hit a shot thin / トップする / <<表現パターン>> hit a ball [shot] thin
  • hit a shot with a __-iron / _番アイアンで打つ / <<表現パターン>> hit a ball [shot] with a [one's] __-iron
  • hit a shot with a __-wood / _番ウッドで打つ / <<表現パターン>> hit a ball [shot] with a [one's] __-wood
  • hit one's shot about __ feet below the cup / カップの下約_フィートにつける /
  • hit pitch-and-run shot / ピッチ・エンド・ランを打つ / <<表現パターン>> hit [make, play] pitch-and-run (shot)
  • hit the shot over the green / グリーンをオーバーさせる / <<表現パターン>> hit the ball [shot] over the green
  • powerful arm to hit tee shot __ yards / _ヤードのティーショットを打てる力強い腕
  • hit a big shot / 飛ばす,ロング・ショットを打つ / <<表現パターン>> hit a big ball [shot]
  • hit a chip shot / チップショットをする / <<表現パターン>> hit [make, play, use] a chip shot
  • hit a fat shot / ダフる
  • hit a high shot / ボールを高く打つ / <<表現パターン>> hit a high ball [shot]
  • hit a lay-up shot / 刻んでいく
  • hit a pitch shot / ピッチショットを打つ / <<表現パターン>> hit [make, play] a pitch shot
  • hit a pure shot / 完璧な[非の打ちどころのない]ショットを打つ
  • hit a recovery shot / リカバリー・ショットを打つ / <<表現パターン>> hit [make, play] a recovery shot
  • hit a runup shot to / ~にランニングで寄せる / <<表現パターン>> hit [make, play] a runup shot to
  • hit an approach shot / アプローチ・ショットを打つ,寄せる / <<表現パターン>> hit [make, play] an approach (shot)
  • hit one's approach shot to within __ feet of the cup / カップから_フィート以内に寄せる
  • hit one's first shot / ティーショットを打つ
  • hit crisp iron shots right at the pin / 切れのいいアイアンショットをピンにピタリと寄せる

PGAツアーのプレーヤーが好きなコースTOP10 // Golf Digest

USの Golf Digest のサイトより(Players' Picks: Top 10 PGA Tour Courses)。81のPGAツアープレーヤーに調査して,好きなコースを選んでもらったらしい。10から1(10が最高)のスコアをつけてもらって,その結果がこちら。プレーヤーたちのコメントも面白い(匿名化されてるけど)。どの写真も見てるだけで泣けてきそう!

AUGUSTA NATIONAL GC (AUGUSTA, GA.)


1. オーガスタナショナルGC/大会:マスターズ/設計:アリスター・マッケンジー,ボビー・ジョーンズ/点数:8.96

コメント: 「年1回の会場としては最高」「10点をつけなかったのは,手入れされすぎているから,(ゴルフコース設計家の)Thomas Fazio が手を加えすぎたから」「ジャック・ニクラスが優勝した1986年は10点だった。でも今は距離が長くなりすぎた」「コースはちょっとギミックが多すぎる。だけど,ここよりプレーしたいと思えるコースも,世界中で他にない」

Harbour Town GL (Hilton Head Island, S.C.)


2. ハーバータウンGL/大会:ヘリテージ/設計:ピート・ダイ/スコア:8.7702

コメント:「ピート・ダイのコースの中でお気に入り」「プレーするコースの中で最高」「ベストなコースに距離は要らない」「グリーンで10点つけられる」「ほとんどすべてのホールでボールを操らなきゃいけない」

RIVIERA CC (PACIFIC PALISADES, CALIF.)


3. リビエラCC/大会:ノーザントラストオープン/設計:ジョージ・トーマス,ビリー・ベル/点数:8.7687

コメント:「名作」「全部のショットで気をつかう」「何人も,ツアーで最高の設計って言っている」「新しいコースを造る人間はみんな見に来るべき」「グリーンの中にアホみたいなバンカーがある6番ホール以外,リビエラは完璧」

PEBBLE BEACH GL (PEBBLE BEACH, CALIF.)


4. べブルビーチGL/大会:AT&Tべブルビーチ プロ・アマ/設計:ジャック・ネヴィル,ダグラス・グラント/点数:8.56

コメント:「地球上で最高にお気に入りの場所」「ホールとショットとの最高のミックス,これ以上の光景はない」「最高のコース。大会が開かれるときはいい条件じゃないけど」「14番のグリーンが直されるまでは10点をつけられない」「決して古びない。プレーするたびにワクワクする」

COLONIAL CC (FORT WORTH, TEX.)


5. コロニアルCC/大会:クラウンプラザインビテーショナル/設計:ジョン・ブレデマス,ペリー・マクスウェル/点数:8.40

コメント:「素晴らしいゴルフコース」「プレーして楽しい」「いままで見た中で最高のレイアウト」「ツアーでプレーする中で最高のPar4ホールのひとつ」「もう少し木を減らした方がいいかも,特に,ロングヒットを妨げるような木は」「実直(solid)なコース。何が得られるかわかるから」

MUIRFIELD VILLAGE GC (DUBLIN, OHIO)


6. ミュアフィールドビレッジGC/大会:メモリアル/設計:ジャック・ニクラウス/点数:8.34

コメント:「汚れがない(immaculate)。メジャーのような雰囲気」「いいプレーをしてるときは,これ以上やっていて楽しいコースはない。それって最高の賛辞だと思う」「毎年,ツアーで最高のコンディション」「(ニクラウスのコース改修について)エゴが入りすぎ。17番とか18番の変化を見てみてよ。」「"すべの面で常に良くなり続けている。他のコースを鼓舞する最前線」

SHAUGHNESSY G&CC (VANCOUVER, B.C.)


7. ショーネシーG&CC/大会:RBCカナディアンオープン/設計:ヴァーノン・マッキャン/点数:8.29

コメント:「驚異的(Phenomenal)」「最高で,驚くべきコース。巧妙なホールがいっぱいある」「毎年ここでやりたいね。グリーンや,特にバンカーが素晴らしい。オーストラリアのバンカーみたいにメンテナンスされている」「見た目がすっきりしているけど,最高のデザインになりうるコースにしては,ラフが多すぎ」

ARONIMINK GC (NEWTOWN SQUARE, PA.)


8. アロニミンクGC/大会:AT&Tナショナル/設計:ドナルド・ロス/点数:8.25

コメント:「最高の名作。こういうコースでもっとプレーしなければいけない。ボールを両方に操らないといけないから」「ロスのコースなの?そんな感じはしないけど,でもとってもいいよ」「長くしなくていい。このままで素晴らしい」「驚くべきコース。コンディショニングが最高。設定がよく,観衆も熱狂的。で,なんでわれわれはここを離れてまたコングレッショナルに戻らなきゃいけないの?(2010年と11年のAT&TナショナルはアロにミンクGCで開催,その後2012年からまたコングレッショナルで開催)」

Innisbrook Resort - Copperhead (Palm Harbor, Fla.)


9. イニスブルックリゾート/大会:トランジション選手権(2014年からバルスパー選手権)/設計:ラリー&ロジャー・パッカード:点数:8.09

コメント:「フロリダの会場の中で最高」「いい感じのアンジュレーションがあって,グリーンは良くデザインされている」「高低差があって,フロリダのでプレーしている気がしない」「フロリダスイングのコースはあまり良くないから,ここが特に良く思える」「しっかりした,良いコース。嘘がつけないコースだから」

CONGRESSIONAL CC (BETHESDA, MD.)


10. コングレッショナルCC/大会:AT&Tナショナル/設計:デヴロー・エメ/点数:8.06

コメント:「短いフロントナインは大好き」「歴史があって,試されるコース」「ハード,ハード,ハード。ルーティングは良い。でも10番ホールは今まで見た中で最悪のパー3ホール」「本当にいいホールがいくつかあって,本当に最低なのがいくつかある。ツアーの設定が嫌い。USGAの設定は良かった」