Header Ads

本 // 坂田信弘・かざま鋭二『風の大地』 // (12)球影

  • 「明美がどうして秋田に……」(小平)
  • 「お前はプロだよ。」(長谷川)
  • 「フフ……」(沖田)
  • 「ハハハ………」(長谷川)
  • 「プロの技と心を見ておけ,眼を外らすなよ」(ジャンボ尾崎)
  • 「俺はこの様な状況のショットを,国内外で200回は経験してきている。プレッシャーの皺の数が違うんだよ。」(ジャンボ尾崎)
  • 「戦い腰といってな,気が満ちりゃ腰は浮くし,気が萎えりゃ腰は沈む。」(ジャンボ尾崎)
  • 「日本オープンを取れる実力がないと分かりませんぞ,この傾斜!」(小針)
  • 「スライスだよ,長谷川。」(沖田)
  • 「俺のゴルフはいつも土壇場で読み違いだったのかも知れない。そんな気がしてきた…………」(長谷川)
  • 「虫のいい話でしょうが,僕は期待します。今,勝ちたい気持ちが凄く起きてきました。」(沖田)
  • 「ジャンボの口癖だ,集中力が距離を縮めるってな。それが出来なきゃプロではないと!」(佐野木)
  • 「ライン決めに時間をかけた時,小股で入ったらタッチが弱まる。ジャンボの唯一の欠点だもんな,小股入りは!」(佐野木)
  • 「この経験をしてみたい! 気楽に構えられる1mではなく,苦しんで構える1mの経験を! 出来れば今!!」(沖田)
  • 「男鹿に来て良かったァ。本当に素敵なところ。」(麗子)
  • 「私,長谷川さんを愛してる。離したくない,逃げたくないわ。でも………」(明美)
  • 「口惜しいな……」(長谷川)
  • 「今度のプロテストに通りなさい。それだけです。」(支配人)
  • 「若い人の恋愛は一直線過ぎる。過ぎてやり直しが効かぬ恋愛になる…………」(支配人)
  • 「悪口100m,褒め口10m飛ぶと言うじゃないですか!」(笠崎)
  • 「連絡を待つ 研修生 長谷川博」
  • 「ゴルフで結ばれた縁は,山登りのザイルよりも強いと言われますよ。」(支配人)
  • 「長谷川は泣いていたよ………… 一打足りなかったそうだ……」(支配人)
  • 「長谷川は若い男や! おなごの二人や三人と間違いを起こしても,当たり前の年齢や! むしろ起こさん方がおかしいわい!」(土建屋)
  • 「笠崎は最終ホールで1mを外し,長谷川は17・18番と連続OBだったそうだ。」(小平)
  • 「沖田… 俺,ゴルフを辞めるよ… 諦めた,俺は明美と生きることにした。」(長谷川)
  • 「素人相手のゴルフには飽きました。勘弁して下さい。」(長谷川)
  • 「僕の行きつけの店だ。最初は小平さんに連れて来て貰ったんだけどね。」(沖田)
  • 「牧場では人手不足と聞く。明美と二人で働いてみるつもりだ。」(長谷川)
  • 「麗子さんにヨロシク。あの方,本当に素敵な方ですわ。沖田さん,離しちゃ駄目よ。」(明美)
  • 「あなたはゴルファーよ! ゴルフを捨ててどうするの!? 私は一人で生きて行けます!!」(明美)
  • 「駄目よォ〜〜ッ!! あなたは逃げちゃ駄目〜〜ッ!!」(明美)
  • 「いい奴だったな,あの野郎…… 全英では優勝してこいよ。ありがとう,沖田……」(長谷川)


No comments