22 Jul 2014

イギリスへの赴任・留学で携帯電話を検討中なら,ベリーモバイルをおすすめ

ゴルフをは関係ないですが,せっかく異国にいるので,身近な出来事などを記すのも何らかの役に立とうかと思い。

ということで携帯電話。これまでのイギリスには滞在したことはありしたが,長くて4週間だったので,まぁ日本のキャリア(僕の場合はソフトバンク)の契約のまま,海外ローミングで使えばことは足りました。とはいえ,できるだけWi-Fiのあるとこを探したり,地図アプリを使いたいところでもできるだけ紙の地図に頼ったり,なによりローミング代が安くない,などという不便はありましたが。

しかし今回は2年間の赴任なので,日本での契約を解除して,イギリスで新たに契約をする必要があります。

まず日本での解約ですが,ソフトバンクでは「メールアドレスと電話番号の保管サービス」というのがあり,これを利用しました。月々数百円の料金はかかりますが,帰国後に今までと同じ番号とメアドが使えるのは利点。というか,解約すると違約金的なもの(焼く万円だったかと)を支払わなければならないので,その代わりとしては安いものでしょう。

成田空港であればソフトバンクの支店があるので,離日の直前に解約ということもできるのですが,僕は羽田からの出発で,羽田にはソフトバンクの支店がないので,離日の前日に近所の支店で解約(というか一時不使用の申請か)の手続きをしました。当然といえば当然ですが,ソフトバンクとの契約がなくなっても,Wi-FiのあるところならiPhoneは普通にメールもLINEもできるということを再認識しました。「iPhoneというのは電話もできる小さなパソコン」ということを,改めて思った次第。

というのが日本側での話で,次にイギリス側の話。

先にイギリス入りした妻の話によると,「コベント・ガーデンにあるアップルストアに行ったけど,UKの銀行口座がないと普通のiPhoneは買えない。プリペイドのiPhoneは口座なくても買えるけど,機体の初期費用が安い機種でも約550ポンド。ちなみに普通のiPhoneを買って携帯電話のキャリアと契約すると本体代はタダ。2年経過すればSIMカード替えるだけで世界中で使えるようになるみたい」とのこと。

(余談ですが,解約時に日本のソフトバンクの人にSIMロックの件について訊いたら,「日本用のSIMロックなしの機種じゃないとソフトバンクのSIMが買えない」みたいなことを言われた。それってやっぱりSIMロックみたいなものなのでは)

で,「当初はプリペイド,そのあと家が決まって銀行口座がつくれたらちゃんと契約」ということも考えたのですが,いろいろ想像するとダルくなったので,イギリスのビザ申請センターで手にしたチラシ(正確に言うと,そのチラシを見ていた人に声かけてゆずってもらった)を頼りに,ベリーモバイルと契約をしました。

ベリーモバイルについて詳しくはリンク先をご参照いただきたいのですが,要するに日本にいながら日本の住所とクレジットカードで携帯電話の契約ができ,あらかじめ電話を日本の住所に送ってもらうこともでき,そして契約が完了した時点でイギリスの電話番号もあらかじめ知ることができる,という,なんとも便利なサービスです。まぁもちろん現地で契約するのよりは若干割高なのかもしれないけど,契約にかかる手間ヒマその他コストを考えたら,まぁ全然問題ないのかな。

僕の場合は離日の数日前にあわてて申し込みましたが,それでもイギリス到着までにはちゃんと契約が完了して,ヒースローから直接ベリーモバイルの事務所(リージェント・ストリート沿いにあるこじんまりとしたところ,しかし担当の日本人女性が美人で驚いた)に迎い,しっかりとiPhoneを受けとることができました。翌日からケンブリッジ旅行だったので,これは助かった。

まったく余談ですが,ヒースロー空港から仮住まいまでの移動は,荷物が多かった(というかゴルフバッグがあった)のでクルマでのお迎えを Unicorn Transfer Ltd. というところに頼みました。 60ポンドちょいでしたが,いろいろ値段を比較した結果,たぶんこれぐらいが最安値。空港で運転手にあってから,「携帯電話受け取るから悪いけどこの住所まで行ってくれない?」と頼んだら,ちょっとめんどくさそうだったけど,追加5ポンドでちゃんと行ってくれました。降りるときに追加料金+チップのつもりで10ポンド渡したら,「ほんとにお釣りいらないの?」って感謝されちゃった。いいドライバーでした。


No comments:

Post a Comment