30 Jan 2015

WITB // ミゲル・アンヘル・ヒメネスのクラブセッティング // 2015年1月24日現在 // Mitsubishi Electric Championship at Hualalai

今年のチャンピオンズツアーの初戦で優勝しました。ヒメネスのクラブセッティングです。



2015年1月24日現在 // Mitsubishi Electric Championship at Hualalai
  • ドライバー // Ping G30 / ロフト9度 / シャフト Oban Kiyoshi Gold 65X / バランス D5 / 長さ 46インチ
  • 3W // Ping G30 / ロフト 14.5度 / シャフト Oban Kiyoshi Gold 75X (tipped 1-inch) / バランス D3
  • 5W // Ping G30 / ロフト 18度 / シャフト Aldila Tour Blue 75X (tipped 1.5 inches) / バランス D3
  • 7W // Ping G30 / ロフト 20.2度 / シャフト Aldila Tour Blue 75X (tipped 2 inches) / バランス D3
  • アイアン // Ping S55 (4-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold SuperLite S300 / バランス D2
  • ウェッジ // Ping Glide (52 SS, 60 WS) / シャフト True Temper Dynamic Gold Superlite S300 with Sensicore / バランス D3+ (52), D4+ (60)
  • パター // Ping Cadence TR Tomcat C
  • ボール // Srixon Z-Star XV
  • グリップ // Lamkin Wrap-Tech
あいかわらずFWは3本で,ハイブリッドなしのアイアンは4番から。ウッドのシャフトは以前はすべてALDILA TOUR BLUEだったのが,ドライバーと3WはOBANになりました。

ソース:
http://www.golfwrx.com/277295/miguel-angel-jimenez-witb-2015/

関連リンク:
WITB // ミゲル・アンヘル・ヒメネスのクラブセッティング // 2014年2月18日現在 // WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

WITB // フィル・ミケルソンのクラブセッティング // 2015年1月24日現在 // Humana Challenge

話題のウェッジ,PMグラインドを入れてますね。フィル・ミケルソンのクラブセッティングです。


2015年1月24日現在 // Humana Challenge
  • ドライバー // Callaway Big Bertha 815 Double Black Diamond / ロフト8.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Fubuki J 60X
  • 3W // Callaway X Hot Pro 3Deep / ロフト 13度 / シャフト Mitsubishi Rayon Fubuki K 70X
  • ハイブリッド // Callaway Apex Utility / ロフト 21度 / シャフト KBS Tour-V 125X
  • アイアン // Callaway X-Forged ’13 (4-PW) / シャフト KBS Tour-V 125X
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 (52-12S, 56-14S) Callaway Mack Daddy PM Grind (60 degrees) / シャフト KBS Tour-V 125X
  • パター // Odyssey Versa #9 (White/Black/White) / グリップ SuperStroke Slim 3.0 (Black/White)
  • ボール // Callaway Chrome Soft
3番ウッドはロフト13度のDeepで,完全にティーショット用。ミケルソンなら芝の上からでも問題なく打てるでしょうが。その3番ウッドの下が21度のハイブリッド,アイアン型。ここにギャップがあるかわりに,ウェッジは52度,56度,60度の3本。

ソース:
http://www.golfwrx.com/276445/phil-mickelson-witb-2015/

関連リンク:
WITB // フィル・ミケルソンのクラブセッティング // 2014年8月7日現在 // 全米プロ選手権

27 Jan 2015

プロとアマチュアのショットの精度の比較 100ydと150ydから // GolfWRX

プロとアマチュアはどれぐらいショットの精度が違うのか,というのを試してみた,GolfWRXの記事です。

被験者は以下の4人。
  • William McGirt, PGA Tour Player
  • Tom Stickney, Teaching Professional/Scratch Player
  • John, 10-Handicap
  • Howard, 15-Handicap
プロとして,PGAツアープレーヤーのウィリアム・マクガートが参加。他に,ティーチングプロフェッショナルでスクラッチプレーヤーのTom,ハンデ10のJohn,ハンデ15のHoward,という顔ぶれです。

この4人に,それぞれ100ヤードからと150ヤードから,3球ずつ打ってもらって,結果はどれぐらい違うか,という実験。

GolfWRX "Pros v. Amateurs: Shots from 100 yards and 150 yards"
http://www.golfwrx.com/271279/pros-v-amateurs-shots-from-100-yards-and-150-yards/



こちらが100ヤードの結果,水色がプロ,ピンクがスクラッチ,黄色がハンデ10,ピンクがハンデ15。使った番手はそれぞれ,54度,54度,50度,54度。

プロは平均飛距離が100.9ydで,バラつきが少ない上に,距離も正確,いちばんはずれて3.6ヤードのズレ。対してスクラッチはいちばんズレたのが5.8ヤード。そしてハンデが増えるにつれて,飛距離のコントロールができていないのが分かる。


こちらが150ヤードの結果,水色がプロ,黄緑がスクラッチ,黄色がハンデ10,オレンジがハンデ15。番手はそれぞれ,8番,8番,7番,8番。

プロの平均飛距離は150.8yd。スクラッチも飛距離はそろっているが,横のズレが見える。ハンデが増えると,縦にも横にもばらつく。そして,ベストなショットは150ヤードに近いけれど,それ以外は飛距離が足りていない。

ちなみに,これらはすべてキャリーでの飛距離。


Pro Tracer // テレビのゴルフ中継でショットの弾道を線で可視化するやつ

テレビでゴルフ中継を見ていると,ティーショットの弾道を赤い線とかで可視化してくれるやつがありますが,あれは「Protracer」というスウェーデンの会社が開発した技術らしいです。

こういうやつ
http://www.protracer.se/about/
A Swedish winter can best be described as cold, dark and long. In other words, completely inconsiderate to a golfer’s passion. The only way to satisfy the appetite for golf is through TV coverage of professional tournaments from all over the world. This sparked the idea to develop Protracer.

スウェーデンの冬は,寒くて暗くて長い。つまり,ゴルファーの情熱を削ぐには最適だ。ゴルフへの欲求を満たす唯一の道は,世界中のゴルフトーナメントのテレビ中継しかない。この事実が,Protracerの開発につながった。

最近も,アブダビでのマキロイのドライバーショットの弾道を見て圧倒されましたが,

http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2015/01/behold-this-gif-of-rory-mcilro.html

YouTubeを漁ると,いろいろ映像が出てきて,飽きません。



"GOLF ProTracer Compilation - 2014 British Open PGA Championship Ryder Cup"



"Golf ProTracer Compilation - 2014 PLAYERS Championship"



"Tiger Woods - Stinger Pro Tracer (2I, 3W and Driver) 2014"

2016年ライダーカップ // ヨーロッパチームのキャプテンはダレン・クラークかヒメネスか? // GOLFWEEK

ちょっと気の早い感じはしますが,次回2016年のライダーカップでヨーロッパチームのキャプテンは誰になるんだ,って話です。もともと2014年はダレン・クラークも候補にあがっていたけれど最終的にはポール・マギンリーになり,ダレン・クラークはスカイスポーツのコメンテーターとしてスタジオからライダーカップを観戦し,片やヒメネスはプレーヤーとしてライダーカップに出たいという思いをいまだに抱いていると思うのですが,さて。

GOLFWEEK "European Ryder Cup captaincy: Clarke or Jimenez?"
http://golfweek.com/news/2015/jan/25/ryder-cup-euro-darren-clarke-miguel-angel-jimenez/



  • クラークは,プレーヤーとしてのライダーカップの出場は2006年が最後。2016年のキャプテンになる可能性は,前回2014年ほどには高くないだろう。
  • ヒメネスは,プレーヤーとしての最後の出場は2010年。2014年は副キャプテンのひとりとして参加した(2012年も)。「2016年のHazeltine大会では,ものすごくキャプテンをつとめたい」と語っている。
  • ふたとりも,ライダーカップでは誇るべき戦績を持つ。
    • クラークは5回出場中4度の優勝,個人成績は10-7-3(勝-敗-分),副キャプテンをつとめること2回。
    • ヒメネスは4回出場中2度の優勝,個人成績は4-8-3,副キャプテンをつとめること2回。
  • ヒメネスは英語が得意ではないけれど,あのキャラクターは他にはかえがたい。
  • 5人からなるヨーロピアンツアーの委員会は,今週末にもマギンリーの後継者を決定する。委員の中には,マギンリーのほか,コリン・モンゴメリーやホセ・マリア・オラサバルなど,過去のキャプテンが。ほかに,ヨーロピアンツアーの chief executive である George O’Grady と,プレーヤーの代表 David Howell。
  • オラサバルは同じスペインのヒメネスに投票するだろう。2年前はクラークと争ったこともあり,マギンリーもヒメネスに投票するのでは。モンゴメリーはきっとクラーク。Howellはプレーヤーの立場を代表するが,長年の関係からクラーク寄り。
ということで票読みまがされていますが,「マギンリーがヒメネスに」っていうのはどうかな。本人も2014年のキャプテンピックで自分を推してくれていたルーク・ドナルドではなく,クラークをサポートしていたリー・ウェストウッドをピックしたような人なので,ここは2年前の争いとか関係なく,ヨーロッパチームを勝たせるであろう人という観点だけで選ぶのではなかろうか……。

動画 // Titleist Pro V1 / V1x 2015年モデルのローンチ映像,のついでに,これまでのTVコマーシャルを振り返る

タイトリストのPro V1 / V1x 20015年モデルが発表されて,日本の雑誌ではすでにそのレビュー記事が掲載されいていると聞きました。英語のWeb媒体でもそのうち評価が掲載されるでしょう。

とりあえず私は,ローンチ映像を集めてみました。ついでに,以前のCMも。


"Introducing the new 2015 Pro V1 and Pro V1x"
ショートゲーム,特にグリーン周りのスピンとソフトなフィーリング,そして耐久性が謳われていますね。



"2015 Pro V1 and Pro V1x: Exceptional Distance"
こちらは飛距離性能を謳った映像。タイトリスト契約になったイアン・ポールターもアツく語っています。しかしタイトリストとしてはジョーダン・スピースをいちばん前に出しているんでしょうか。さしずめ「タイトリストの若大将」ですね(適当)。



"2015 Pro V1 and Pro V1x: Short Game Performance"
こちらはショートゲームのパフォーマンスにフォーカス。よりソフトになったカバーで,よりソフトなフィーリング。



"Titleist Golf Ball R&D: Making One"
こちらはR&D編ということで,開発の人たちの声だけを集めたバージョン。



"2011 Titleist Pro V1 Leadership TV Commercial"
2011年バージョンのCM,その1。ボールの性能に触れてはいないけれど,トーナメントを戦うプレーヤーたちの曜日ごとの気持ちがテンポよくまとめられていて,とてもワクワクします。これをマイナーチェンジしたバージョンが2012年に流れていました。



"2011 Titleist Pro V1 TV Commercial - The Perfect Shot"
2011年バージョン,その2。「Each lie, each shot, teaches me something」というフレーズが,これまたゴルファー心をくすぐって,「どんなライでもどんなショットでも最高の結果を生んでくれそうなPro V1」というメッセージが見事に印象付けられます。リー・ウェストウッドが「I hate high-draw.」というところが好きです。



"2011 Titleist Pro V1 TV Commercial"
"This golf ball makes me better"という言葉が印象的ですが,それ意外はちょっと。



"Titleist 2013 Pro V1 & Pro V1x Commercials"
これは2013年版のCMをいくつかまとめたもの。最初のころは「Performance is xxx」というフレーズにこだわりすぎてあまり面白く思えなかったのですが,2:09あたりから始まるバージョンでは,音楽もいい感じにかわり,プロが数多く出て,ババ・ワトソンも「ボールに多くのことは求めない,ただ僕をカッコよく見せて欲しいだけ」とか言っちゃったり,観ていてわくわくするCMになっていきました。

TITLEIST(タイトリスト) PRO V1 ボール 2015年モデル 日本正規商品
アクシネットジャパン
売り上げランキング: 16,969


TITLEIST(タイトリスト) PRO V1X ボール 2015年モデル 日本正規商品
アクシネットジャパン
売り上げランキング: 38,418


TITLEIST(タイトリスト) PRO V1 ボール 2013年モデル 日本仕様
TITLEIST(タイトリスト) (2013-02-05)
売り上げランキング: 1,537


TITLEIST(タイトリスト) PRO V1X ボール 2013年モデル 日本仕様
TITLEIST(タイトリスト) (2013-02-05)
売り上げランキング: 10,352


26 Jan 2015

WITB // ビル・ハースのクラブセッティング // 2015年1月25日現在 // Humana Challenge

Humana Challenge を制したビル・ハースのクラブセッティングです。


2015年1月25日現在 // Humana Challenge
  • ドライバー // Titleist 915 D2 / ロフト8.5度 / シャフト Aldila Rogue 70 TX / SureFit Setting: B-2
  • FW // Titleist 915 F / ロフト 13.5度,18度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana S+ 80 TX
  • アイアン // Titleist AP2 714 (3-PW) / シャフト Nippon N.S. Pro Modus3 Prototype
  • ウェッジ // Titleist SM5 S-Grind (56, 60) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100
  • パター // Scotty Cameron Newport 303 GSS
  • ボール // Titleist Pro V1x
ソース:
http://www.golfwrx.com/276495/bill-haas-winning-witb/

関連リンク:
WITB // ビル・ハースのクラブセッティング // 2014年4月10日現在 // マスターズ

WITB // ブランデン・グレースのクラブセッティング // 2015年1月24日現在 // カタール・マスターズ

ヨーロピアンツアーのカタール・マスターズを制した,ブランデン・グレースのクラブセッティングです。

2015年1月24日現在 // カタール・マスターズ
  • ドライバー // Callaway Big Bertha Alpha 815 Double Black Diamond / ロフト8.5度 / シャフト Fujikura Fuel 75X / 長さ 45インチ / セッティング ニュートラル,7.5度,Gravity Core Down
  • 3W // Callaway Big Bertha V Series / ロフト15度 / シャフト Fujikura Motore Speeder 7.2X
  • ハイブリッド // Callaway Apex UT / ロフト18度 / シャフト True Temper Project X
  • アイアン // Callaway X Forged 2013 (4-PW) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 Tour Grind (52, 56, 60) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • パター // Odyssey Versa V-Line (W/B/W)
  • ボール // Callaway Speed Regime 3
ソース:
http://www.golfwrx.com/267201/branden-graces-winning-witb/

25 Jan 2015

イギリスゴルフ #28 // Trent Park Golf Course // 久しぶりにひとり,バッグをかついでラウンド

2015年4回目のラウンドは,1月24日,ロンドン北部の Trent Park Public Golf Course にて。今回はひとりでのラウンドとなったので,久しぶりにトローリーを使わずにバッグを担いでプレーしてみました。

ロンドンに来たころは,18ホール歩くだけでも大変だなと思っていたのですが,最近はそれも普通になり,バッグを担ぐのも最初にやったときは翌日に全身筋肉痛になったのですが,今回やってみたらそんなでもなかったです。

とはいえ,いくら軽量のスタンドバッグを使っているとはいえ,14本全部入れるわけもなく,担ぎのときは9本にしています。今回はこんな感じ:
  • ドライバー
  • ハイブリッド(24度)
  • アイアン(5番,7番,8番,9番,PW)
  • ウェッジ(56度)
  • パター
面白いもので,こんなんでもなんとかなります。グリーンを狙うショットはアバウト,こぼれてもそこから寄せワンを狙う,というのがだいたいのケースですので。

8番アイアンを入れるか52度を入れるかは迷うのですが,52度のウェッジって意外に打つケースが少なくて,実際にゴルフを初めてから唯一ずっと変えずに使っているクラブが52度のウェッジ(VokeyのSM4)なのに,いちばん傷がついていなくキレイなままだという状態です。

といいながら,こういうときに限って52度で打ちたい場面が何度かあったり,56度のショットでミスをしたりして,なかなか難しいものですね。


Sat 24 Jan 2015

23 Jan 2015

Ben Hogan Golf の新いアイアンとウェッジは,番手がなくてロフトでの表示 // GOLFWEEK

どこの誰かも書いていたけれど,クラブは番手での表記をやめてロフトでの表記にしてほしい。なぜなら,例えば「7番アイアンで200ヤード!」とか言われても,それが27度のロフトだったら,MP64なら5番だし,昔なら4番アイアンだったりしたわけでしょう?

という声にこたえてくれたわけではないですが,新生 Ben Hogan Golf のアイアンとウェッジは,番手の表示をなくし,ロフト角だけが表示されるようです。




なんでも,20度から63度まで,1度刻みで44種類のロフトを用意してくれるのだとか。

GOLFWEEK: Ben Hogan Golf debuts new irons, wedges
http://golfweek.com/news/2015/jan/22/ben-hogan-golf-clubs-irons-wedges/

21 Jan 2015

QP氏は本当にドラコン王者ジェイミー・サドロウスキーを知らないのか?

余談。

PGA Merchandise Show に参加されているQP氏のFacebookのページに,キャロウェイのブースで撮った映像とともに
「有名なドラコン選手だそうです。無知なQPは知りませんでしたが、飛ぶだけでなく、かなりの腕前でした。」
というコメントがつけられているのですが,キャロウェイでドラコンといえば,ドラコン世界王者,ジェイミー・サドロウスキーでしょう。

QP氏がジェイミーを知らないことが意外に思えたのは,まずQP氏といえば,マルマンがZETAのハイブリッドを発売したときに,「関雅史プロがマルマンの新ブランドZETA(ゼータ)ユーティリティ3番で、270ヤ­ードに挑戦!」というビデオに出演していて,



これは明らかに,キャロウェイの「スプーンで300ヤード」みたいなものですが,その X HOT(だったと思うけど)のプロモーションビデオに,ジェイミーに出ていたんですよね。それをQP氏が見ていないわけはないと思うのだけど……。

写真 // TaylorMade AeroBurner ミニドライバー

今週開催されている PGA Merchandise Show の様子が Facebook でチラホラと流れてきていますが,GolfWRX のページに,テーラーメイドのエアロバーナーミニドライバーの写真があったので,拝借。


と思ってググってみたら,大陸ヨーロッパの方ではもう市販されているみたいだけれど,本当なの?

https://www.golfsport.at/en/p/1669/aeroburner-mini-driver-tp

最近はクラブ情報を追えていなかったので,テーラーメイドの中でのR15とエアロバーナーとの棲み分けがよく分かっていません。

ミニドライバーはSLDRだけの一過性のものかと思っていたんですが,エアロバーナーでもリリースするということは,一定の需要はあるということなのでしょうか。

かくいう私もSLDRミニドライバーには発売前からかなり注目し,そして購入してからも熱心に使っていたのですが,最近は「やっぱりドライバーを打てるようにならなきゃな」ということで,いったん使うのをやめています。ちょっとスイングバランスが重く感じられるというのもその理由のひとつですが,エアロバーナーの場合はヘッド重量がちょっと軽くなるのかしら。

(2015/1/27 追記)
GolfWRXに,さらに写真が載っていた
http://www.golfwrx.com/276799/here-to-stay-5-top-trends-from-the-pga-merchandise-show/

左がミニドライバーで右がドライバーかな


ミニドライバーとドライバー

右のホーゼルが長い方がTPなんですかね

本 // 川北稔『イギリス 繁栄のあとさき』講談社学術文庫

ゴルフとはまったく関係ないのですが。

イギリスで働き暮らしていると,より深くイギリスの歴史や文化について知りたいと思うようになりました。リンク先のカスタマーレビューにあるように,この本は
  • 世界システム論を援用しながら、これまでのヘゲモニー国家であるオランダ、イギリス、アメリカのうち、専門であるイギリスの歴史を中心に、「繁栄のあとさき」を辿るエッセイである
というものでして,エッセイであるがゆえに何か体系的な知識が得られるというわけではないですが,その一方で,すでに繁栄の時代を終えたと思われる日本がイギリスの繁栄(の“あとさき”)からどんな示唆が得られるか,それがさまざまな角度から眺めることができて興味深かったです。


イギリス 繁栄のあとさき (講談社学術文庫)
講談社 (2014-04-25)
売り上げランキング: 7,772

  • 一七世紀末に,東インド会社や南海会社とならぶ国債の引き受け機関として,イングランド銀行を創立し,戦時国債を容易に発行しえたイギリスは,圧倒的に優位に立ったのである。経済史上,「イギリス財政革命」として知られている現象である。
  • ヘゲモニーには,農業と鉱工業の生産,商業,金融の三つの次元が区別でき,それらすべての次元で圧倒的優位を確立した状態が,本当のヘゲモニー国家だと言われている。しかも,それぞれの優位は,この順に成立し,この順に崩れていく。
  • 週末は飲んだくれて,二日酔いの月曜日は仕事をしないという,伝統的な職人たちの「セント・マンデイ」(聖月曜日)の習慣の打破こそは,初期の経営者たちの一大関心事であった
  • 一九七五年頃の調査でも,イギリス人は一人あたりの砂糖消費量は世界のトップにあり,年間およそ五〇キロ以上を記録している。イギリス人のカロリー源の二割近くは砂糖である。
  • リヴァプールの奴隷貿易こそが,その後背地マンチェスターの綿工業の生みの母だったのである。
  • 後に「中核」の位置に到達する地域は,むしろニューイングランドや鎖国日本のように,世界システムから比較的外れていた地域であることが多い。「中核」の資本が大量に投下されて,「低開発化」されることがなかったからである。
  • そこ(『ジェイン・エア』)に描かれた世界は,工業社会の出現などとはまったく無関係に,地主ジェントルマンの価値観の優越する「古きよき世界」そのものであると言われてきた。
  • エミリ・ブロンテの『嵐が丘』やジェイン・オースティンの『高慢と偏見』など,この時代の女流作家によって描かれた世界は,このような社会背景のもとにおいて理解すべきものである。
  • イギリスにおいてさえ,チョーク質の軽い土壌に恵まれ,農耕が容易であったうえ,金融業の発達したロンドンを含む東南部と,農耕が困難であったために,牧畜と副業としての手工業の展開した――したがって,産業革命のふるさととなった――マンチェスターなどの北西部との格差は,つねに指摘されている。
  • タバコ植民地を含むアメリカ大陸の植民地人は,ひたすら課税の対象とされながら,イギリス議会には一人の代表も送ることができず,したがって,その利害は絶えず抑圧されていた。「代表なくして課税なし」が,植民地人の独立運動に向かう共通のスローガンになったことはよく知られている。
  • 大英帝国は工業化の産物なのではなく,大英帝国こそが産業革命の前提だったのである。イギリスは,工業化によって世界を支配したのではなく,世界システムに組み込まれることで,一六世紀以来の危機を脱出し,経済成長が可能になったのである。
  • 近世イギリスの社会的・経済的リーダーが,経済合理主義をこととしないジェントルマンだったからこそ,イギリスは自由放任をこととするような「軽い政府」の下にありながら,社会的資本を整備することができたのである。
  • 貴族,ジェントルマンといった中世の遺物ともいうべき人間類型を存続させているからこそ,イギリスは,工業生産の面ではいかに「衰退」しても,社会や文化のレヴェル,ひいては広い意味での生活水準の点では,さして低下していないと言えるのかもしれない。
  • キリスト教の世界では,人間に与えられた時間,つまりアダムとイヴが楽園を追放されてから最後の審判までの時間というのは,神が人間に課した試練の時間であった。言いかえれば,人間の歴史とは,神の時間そのものであった。したがって,神によって与えられた試練の時間を利用して金儲けをする,などということは許されない。とすれば,利子というものは成立しえない。中世に「ウスラ」として知られた徴利禁止の考え方は,こうして生まれた。
  • イギリスで商工会議所の初代会頭となった陶器業者ジョサイア・ウェッジウッドの経営文書などを見ると,労働者に「時間を守らせる」ということが,当時の経営者にとっていかに深刻な課題であったかがわかる。
  • プロテスタンティズムが資本主義をもたらしたという,マクス・ウェーバーのよく知られたテーゼは,歴史的にはまったく支持できないものの,ピューリタンの説教が労働者のあいだの「時間規律」の確立に一定の役割を果たしたことは,ほぼ間違いない。
  • 「生き甲斐」を論じる人びとは,しばしば「遊ぶために働く」ことを新しい理想ででもあるかのように喧伝しがちである。しかし,それはまた,「レジャー産業のために働いている」ようなものである,という事実をも指摘しないわけにはいかない。
  • ライフサイクル・サーヴァントは,社会的には「半人前」であり,「通過儀礼」的なステイタスであることから,ほぼ今の日本における学生身分に当たると考えてよい。いまだに「学割」制度があるのは「学生」というものを半人前と見る習慣の名残でもあるだろう。
  • イギリスには,「地方都市の文化」と言えるものはない,と思う。イギリスにあるのは,都会の文化としてのロンドンの文化と,地方の農村文化のみである。
  • こうした南北問題という観点から言えば,サッチャー政権の経済政策には何の新味もなく,中・北部製造業のいっそうの衰退とロンドンの金融界の盛況をもたらしただけ,と言うことができる。
  • イギリスの農村は実に美しい。地主ジェントルマンを一貫して支配階層としてきたこの国では,ジェントルマンの拠点である農村はつねに文化的に価値のある場所であり,文学や芸術での「農村回帰」は絶え間なく繰り返されてきた。狐狩りをする森を持たない人間は,この国では真のジェントルマンではありえなかったのである。
  • 一八世紀イギリスの最大の観光地となったこうした公園は,着飾った人びとが互いに「見たり見られたりする」場所,つまり自己顕示の場として,来訪した外国人の讃嘆の的となった。
  • 近世のイギリスにおける犯罪史では,密輸と密猟が,最大の特徴となった。ジェントルマンの趣味として,複雑な規則に従って行なわれる「狩猟(ゲーム)」のために,その対象とされている鳥など特定の小動物を,庶民が捕ることを禁止する「狩猟法」が創られた。しかし,かねてこうした小動物を蛋白源としていた民衆は,これを無視したため,狩猟法違反が,記録に残された犯罪の圧倒的多数を占めることになったのである。
  • 社会改良家としての彼(アーノルド・トインビー)の名声は,今もイーストエンドに生きている貧民救済施設,トインビー・ホールにその名残りをとどめている。
  • ヨーロッパだけが「近代化」ないし「資本主義化」でき,日本を含むアジアは,絶対的に「停滞」するしかないのだと考えられていた時代には,「プロテスタンティズムの倫理」が「資本主義の精神」の誕生に関係していたのだと言う,マクス・ウェーバーの学説がありがたられた。
  • ところで,やがて,「日本だけはヨーロッパ並み」となると,日欧に共通するものとして,「封建制度」の経験が決定的ファクターと見なされたわけである。
  • 今日,毎年のように渡欧する若手の歴史家からは,カルチャー・ショックの経験を聴くことはあまりにも少ない。それがグローバリゼイションの結果としての彼我の文化的差異の縮小の反映であるかぎり,とくに問題はない。しかし,それが,日本人の文化的感受性の退化を意味しているのなら,望ましいことではないようにも思われる。

20 Jan 2015

ジミー・ウォーカーのスイングの分析 // Golf Digest

USのGolfDigestのサイトに,ソニー・オープンで優勝したジミー・ウォーカーのスイングの分析が載っていた。

  • ソニー・オープン最終日,ウォーカーは16回グリーンをとらえてバーディーは7つ
  • すべてのパーパットは8フィート以内から打たれた

というウォーカーの正確なショットはどこから来ているのか,という話です。

Golf Digest "How He Hit That: Jimmy Walker's super-straight irons" http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2015/01/how-he-hit-that-jimmy-walkers-1.html

趣旨は,
  • Golf Digest Best Young Teacher である Shaun Webb が言うには,「結局のところ,ボールのコントロールというのは,いかにクラブフェースをコントロールできるか」
  • 「ジミー・ウォーカーのトップでのフェースは最高のポジションにあるので,インパクトにかけて手でいじくって調整する必要がない」
  • 「下の写真の黄色い方にあるように,トップでのフェースが左手前腕の角度に一致している,すなわちスクエアあるいはニュートラルなポジションにある」
  • 多くのゴルファーは,トップで下の青い方のようにフェースがオープン。このまま打てばボールはスライスするし,インパクトでの微妙なフェースの調整が必要になる


だそうでございます。

そういえば「左手でフェースを感じ取る」努力を最近すっかり怠っていたというか忘れていたことを思い出した……。

19 Jan 2015

TaylorMade Vスチール(2003)3w + ALDILA ツアーブルー JV リシャフトデータ

去年の5月アタマにYAMAHAのインプレスXにアルディラのツアーブルーを挿したときに,
「これで感じが良かったら,フェアウェイウッド(テーラーメイド Vスチール)もあわせてリシャフトしたいなぁ」
などとのたまっていましたが,結局いまやテーラーメイドSLDRミニドライバーもツアーブルー(ただしUS版)だわ,Vスチールの5Wにもツアーブルー(ロンドンに来る直前に駆け込みでリシャフトした)だわと,すっかりバッグの中はツアーブルー。

で,Vスチールの3Wを持とうと思ったのは,
  • 最近はミニドライバーですらうまく打てなくなってきた(ヘッドの大きさが気になる)
  • やっぱり苦手なドライバーにしっかり向き合って打てるようになるべきではないか
  • となるとミニドライバーは必要なくて,ドライバーの下は普通の3Wが要るのでは
  • となると,5Wで活躍しているVスチール(2003年モデル)以外の選択肢はないのではないか
という,考えていないようで考えていない理由によります。

そういえば,ロンドンに来て間もないころ,「あー,クラブ買いたい」などと,何のひねりもないタイトルの文章を書いていたことを思い出した。

そのときから「スプーンはVスチールにしてツアーブルーに」とか書いていたのですが,師匠kkが「Vスチールの3Wならヘッド持ってるよ」ということで,先日の日本帰国に合わせて神戸のティーオリーヴでリシャフトしてもらい,それを受け取ったという,なんとも横着な話です。

前置きが長くなったけれど,そのデータ。
  • ヘッド:TaylorMade Vスチール 2003年モデル 3番ウッド(ロフト 15度)
  • シャフト:ALDILA ツアーブルー JV 65 R
  • 長さ:43.0インチ
  • バランス:D0
  • 重量:326g
  • 振動数:255cpm
  • フェース高さ:33mm
  • 重心高さ:23mm
  • 重心距離:32mm
  • ヘッド重量:213g
  • ホーゼルの深さ:25mm
  • ホーゼル径:350tip
  • グリップ:GOLF PRIDE マルチコンパウンドコード(白青)
  • その他:バランス調整なし
バランスは調整なしで「D0」なので,これは願ったり叶ったりといったところ。






この話のオチとしては,東陽町で一緒に練習したときにこのリシャフトした3Wを受け取ったけれど,さっそくそこで試してみたらうまく打てなかったので,これはしばらくお蔵入りになるであろうということ……。

イギリスゴルフ #27 // Finchley Golf Club // プレーするのは3回目

2015年3回目のラウンドは,ロンドン北部の Finchley Golf Club にて。ここでプレーをするのは3回目です。

最初は去年の8月に。
http://ykkgolf.blogspot.com/2014/08/finchley-golf-club.html

2回目は去年の9月,ちょうどライダーカップの週に,メンバーと一緒にプレーするイベントに参加しました。
http://ykkgolf.blogspot.com/2014/09/finchley-golf-club-open-day.html

夏にやったときはグリーンフィーが40ポンド以上して,このへんにしては高めかなと思っていたのですが,今回は冬料金で20ポンドほどだったかしら。そのぶん,グリーンがベチャベチャだったり,ティーインググラウンドもレギュラーは仮設のマットだったり,仮のグリーンが1ホールあったりと,値段相応といったところでした。


Sun 18 Jan 2015

18 Jan 2015

ウェブ・シンプソンがショートパターで「62」 // GolfWRX


今週のソニー・オープン in ハワイで,ウェブ・シンプソンがベリーパターからショートパターに変えたことが話題になっています。しかも初日のラウンドが「62(パー70)」。

GolfWRX "Webb Simpson uses short putter, shoots 62"
http://www.golfwrx.com/275197/webb-simpson-uses-short-putter-shoots-62/

  • 新しく手にしたのは,34インチの Odyssey White Hot Pro V-Line
  • 初日のスコア「62」は,シンプソンにとってPGAツアーでの最少スコア
  •  ショートパターを使うのが大学時代の2004年以来
  • 昨年のダンロップフェニックストーナメントでもショートパターを試していた
  • PGAツアーでのショートパターの使用は,今大会が初めて
  • シンプソンいわく,「自分にとってはとても意味のある日。とても緊張した。ヤーデージブックに聖書の言葉をいくつか書き込んで,それを読んで気持ちを落ち着けていた」
  • PGAツアーでベリーパターが禁止されるのは2006年1月1日から

17 Jan 2015

WITB // スティーブ・ストリッカーのクラブセッティング // 2014年12月10日現在 // Franklin Templeton Shootout

PGAツアーのいぶし銀,スティーブ・ストリッカーのクラブセッティングです。



2014年12月10日現在 // Franklin Templeton Shootout
  • ドライバー // Titleist 913D3 / ロフト8.5度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 8.2X Tour Spec
  • 3W // Titleist 910Fd / ロフト13.5度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 9.2X Tour Spec
  • ハイブリッド // Titleist 915H / ロフト18度 / シャフト UST Mamiya Proforce V2 Hybrid 100X
  • アイアン // Titleist AP2 710 (3-PW) / シャフト KBS Tour C-Taper (S+ Flex)
  • ウェッジ // Titleist Spin Milled C-C 200 Series (53-10, 60-12) / シャフト True Temper Dynamic Gold S400 w/Sensicore
  • パター // Odyssey White Hot 2
  • ボール // Titleist Pro V1x
ウェッジが200シリーズ? しかもロブウェッジがハイバウンス(12度)。やっぱりウェッジは使い込むもの,って感じがします。このころ(2014年12月)にはドライバーは915が出ていたはずなのに,それには変えずに913のまま,そして3番ウッドは910のまま。しかしハイブリッドは915。

ソース:
http://www.golfwrx.com/266187/steve-stricker-witb-2015/

WITB // イアン・ポールターのクラブセッティング // 2014年12月10日現在 // Franklin Templeton Shootout

コブラからタイトリストに契約を移した,イアン・ポールターのクラブセッティングです。



2014年12月10日現在 // Franklin Templeton Shootout
  • ドライバー // Titleist 915 D2 / ロフト9.5度 / シャフト Aldila RIP Phenom 50TX
  • 3W // Titleist 915F / ロフト15度 / シャフト Matrix Ozik TP7HD (X-Flex)
  • ハイブリッド // Titleist 915Hd / ロフト20.5度,23.5度 / シャフト Aldila Tour Green 85h (X-flex)
  • アイアン // Titleist 714 CB (5-6), Titleist 714 MB (7-PW) / シャフト True Temper Project X PXi 7.0
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM5 (52-12 F grind, 56-14 F grind, 60 T rind) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400
  • パター // Odyssey White Damascus iX 1
  • ボール // Titleist Pro V1X
ハイブリッドのシャフトがアルディラツアーグリーンのハイブリッド用(ツアーグリーンにハイブリッドシャフトがあるの知らなかった)。アイアンは5番から,しかも5番と6番はキャビティ。なかなかマイルドなセッティングですね。

ソース:
http://www.golfwrx.com/267007/ian-poulter-witb-2015/


Golf Digestにルーク・ドナルドの記事が載っていた


もともとはルーク・ドナルドを応援するブログでした,これは。

USの Golf Digest に,そのルーク・ドナルドのインタビュー記事が載っていたので,ポイントをかいつまもうと思います。

http://www.golfdigest.com/blogs/the-loop/2015/01/luke-donald-feels-better-about.html


  • ここ数年,この週はアブダビ(ヨーロピアンツアー)でプレーしていたが,「中東よりは(アメリカ)西海岸での方がいいプレーをしていたから」今年はハワイのソニー・オープンに出ることに。
  • 「Waialae Country Club でのプレーはいつも楽しい。ここはチカラでねじ伏せるというよりは,ボールをコントロールしていくタイプに向いていると思うから」
  • 「(前のコーチの)チャック・クックが僕にやらせようとしていたスイングは,僕のカラダがそうしたがらなかった,それが問題だった。僕のカラダと僕のゴルフのDNAが,そうすることを許さないような,何かがあった」
  • 昨年,ライダーカップのキャプテンピックの選にもれたあとに,ルークは元コーチであったパット・ゴスと再び組むことを決める。クックが「ディープ」で「フラット」なスイングを求めていたのとは違い,ゴスは「バックスイング時にクラブがカラダの前にあるよう,左手がさらにクラブの下にくるよう」指導した。
  • 「すでにアイアンショットはよくなっているのを感じている。次はパターに取り組む」
  • 「ライダーカップか逃れるため」,ルークはバハマにバケーションに行った。しかし実際には,グレンイーグルスに旅立つ前日のジャスティン・ローズと食事をともにした。
内容はさておき,こうやってルークがメディアに取り上げられること自体が嬉しいです。願わくば,その成績でメディアに再び注目されることを願う!

16 Jan 2015

動画 // マキロイとヒメネスのホールインワン in アブダビ

年明け早々,ヨーロピアンツアーがアツいですね。いずれも,アブダビHSBCゴルフ選手権にて。


マキロイ,Round 2,Par-3 15H,177yd。これ,9番アイアンで打ったらしい
ヒメネス,Round 1,Par-3 15H,177yd。ダンス付き

WITB // グレーム・マクドウェルのクラブセッティング // 2014年11月8日現在 // WGC HSBC Champions

「グレーム・マクドウェル」とか「グレアム・マクドウェル」とか日本語表記が分かれますが,とにかく「Gマック」のクラブセッティングです。



2014年11月8日現在 // WGC HSBC Champions
  • ドライバー // Callaway OptiForce 440 / ロフト9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana W-Series 60X
  • 3W // Srixon Z F45 / ロフト15度 / シャフト Miyazaki Kusala Indigo 72X
  • 5W // Nike VR Pro Limited / ロフト19度 / シャフト Miyazaki Kusala Indigo 83X
  • ハイブリッド // Adams Idea a7 PNT / ロフト22度 / シャフト Miyazaki Kusala Indigo 83X
  • アイアン // Srixon Z 745 (4-9) / シャフト True Temper Project X 6.5 Flighted
  • ウェッジ // Cleveland Reg 588 Raw (48 and 52 Degrees) Cleveland 588 RTX (58 Degrees) / シャフト Royal Precision Project X 6.5 Flighted, KBS Tour-V 125X
  • パター // Odyssey White Hot #7 Mallet (Prototype)
  • ボール // Srixon Z-Star XV3 (White)
スリクソン契約だけど,ウッド系は自由に組んでいて驚いた。

ソース:
http://www.golfwrx.com/264183/graeme-mcdowell-witb-2015-2/

13 Jan 2015

WITB // クリス・カークのクラブセッティング // 2014年1月17日現在 // Waste Management Phoenix Open

ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズの最終日,ひとりでラウンドして3時間以内でまわってコースレコードタイの62(パー73)をマークした,クリス・カークのクラブセッティング。

1年前の情報なのが残念。基本的にはキャロウェイ契約,だけとボールはV1x。



2014年1月17日現在 // Waste Management Phoenix Open
  • ドライバー // Big Bertha Alpha / ロフト8.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana D+ 62X
  • 3W // Callaway X2 Hot / ロフト13.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana ‘ahina 80X
  • アイアン // Callaway Apex Pro (2-9) / シャフト KBS Tour 125 S+ (2-iron), KBS Tour 125 S+ (3-9)
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 (47, 54, 58) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue
  • パター // Odyssey Mystery Milled #1 / 長さ 38インチ / ロフト 3.5度
  • ボール // Titleist Pro V1x
ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=526&witb=%2F149454%2Fchris-kirks-winning-witb%2F


WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2015年1月12日現在 // Hyundai Tournament of Champions

ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ優勝記念,パトリック・リードの最新クラブセッティング。



2015年1月12日現在 // Hyundai Tournament of Champions
  • ドライバー // Callaway Big Bertha Alpha Double Black Diamond / ロフト8.5度 / シャフト Fujikura Fuel 75 X
  • 3W // Callaway X2 Hot Pro / ロフト13.5度 / シャフト Fujikura Pro 95X
  • アイアン // Callaway X Forged (3-4), Callaway RAZR X MB (5-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy 2 Tour Grind (52-10 T grind, 56-11 T Grind, and 60-09 T Grind) / シャフト True Temper Dynamic Gold X100 Tour Issue
  • パター // Odyssey White Hot Pro #3
  • ボール // Callaway Speed Regime-3
ソース:
http://www.golfwrx.com/264237/patrick-reed-witb-2015/

関連リンク:
WITB // パトリック・リードのクラブセッティング // 2014年3月9日現在 // WGCキャデラック選手権


WITB // ジミー・ウォーカーのクラブセッティング // 2014年10月19日現在 // Shriners Hospitals for Children

最新の情報じゃないかもしれないけど,ジミー・ウォーカーのセッティング。



2014年10月19日現在 // Shriners Hospitals for Children
  • ドライバー // Titleist 915D2 / ロフト 8.5度 / シャフトAldila Rogue TX / 長さ 44.5インチ
  • 3W // Titleist 915F / ロフト 15度 / シャフト Aldila Rogue TX
  • 5W // Titleist 915F / ロフト 18度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 8.2 TS X
  • アイアン // Titleist 712U (3), Titleist 714 MB (4-9) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (Hard stepped)
  • ウェッジ // Titleist Vokey Design SM4 (48-10, 54-11, 60-04, 48-10 bent to 47 degrees) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • パター // Scotty Cameron Tour Rat 2
  • ボール // 2013 Titleist Pro V1x
見た目もオーソドックスならプレーもオーソドックス,そしてセッティングもオーソドックスなジミー・ウォーカーでした。

ソース:
http://www.golfwrx.com/player-profile/?player=2680&witb=%2F104872%2Fjimmy-walker-witb%2F

(2015/1/19 追記)

ソニー・オープン優勝後,PGA Tour のサイトに「Winner's Bag」ということで,ジミー・ウォーカーの最新のセッティングが紹介されていました。

http://www.pgatour.com/equipmentreport/2015/01/18/winners-bag-jimmy-walker-sony-open.html
  • ドライバー // Titleist 915D2 / ロフト 8.5度 / シャフトAldila Rogue Tour X
  • 3W // Titleist 915F / ロフト 15度 / シャフト Aldila Rogue Tour X
  • 5W // Titleist 915F / ロフト 18度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 8.2 TS X
  • アイアン // Titleist 712U (3), Titleist 714 MB (4-9) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • ウェッジ // Titleist Vokey Design SM4 (48-10), Titleist Vokey Design SM5 (54-11, 60-04) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • パター // Scotty Cameron Newport 2 GSS
  • ボール // 2013 Titleist Pro V1x
上記のセッティングと大差はないですが,違いはドライバーのロフト・ウェッジの54度と60度がSM5になったこと・パター,でしょうか。

12 Jan 2015

イギリスゴルフ #26 // The Addington Golf Club // トム・ドォークの "The Confidential Guide" に触発されて

前週の「Addington Court GC」に続いて,The Addington Golf Club でラウンドしました。

その Addington Court GC のところで書いたように,この The Addington GC は,Tom Doak の『The Confidential Guide to Golf Courses』の中で紹介されており,それでラウンドしたいと思っていたのです。

グリーンフィーは,通常は週末のビジターは100ポンドするところですが,ウィンターキャンペーンとやらで4ボールでひとり40ポンド。

高低差のあるコースで,実際に1番パー3も打ち上げ。他にもブラインドのティーショットからのドッグレッグだったり,谷越えになる200ヤード近くのパー3だったり,変化に飛んでメモラブルなホールが多いです。

実は,ネットで予約するときに曜日を間違えていて,当日プロショップに行ったら「ん? 今日じゃなくて昨日じゃない?」と言われてその間違いに気づいたのですが,「まぁ12時になったら空いてるからやっていいよ〜」と言われて,問題なくプレーできました。こういうフレキシブルな対応が本当にありがたい。

もうひとつ余談をいうと,本当はこの日はロンドン南西の別のコースでプレーする予定で予約までしていたのですが,前日朝に「明日はそこに行く電車が止まってるから行けない」ということが分かって,急遽スケジュールを変更しなおしたのでした。ロンドンではしょっちゅう鉄道の工事というか修理というかが週末に行なわれていて,気をつけていないとやられてしまいます。

クラブハウスのバーは,シックでいい雰囲気

0番ホール。練習用のパー4

グリーンはベチャベチャ。この時期のロンドンのコースはこんな感じ

7番パー3。見た目は美しいが入れると手強いハザード

9番パー4。フェアウェイにかかる木製の橋が印象的

12番パー5。2打目付近から

クラブハウスのトイレに飾られていました



Sun 11 Jan 2015

9 Jan 2015

いまさらInstagramにハマって,ゴルフコースの写真をUPしています

ほんとにいまさらですが,インスタグラムのアカウントを作り,これまで撮っていたゴルフコースの写真をアップしています。ちょっと加工するだけでずいぶん見え方が変わりますね。

こちらが私のアカウント... ...,よろしければフォローしてください。たまにゴルフコース以外の写真もアップしていますが。
http://instagram.com/linkslover/

こんな写真です。

栃木のハーモニーヒルズゴルフクラブ

ミネアポリスの Brookview GC

河口湖カントリークラブ

千葉の芝山ゴルフ倶楽部

千葉のオークビレッヂゴルフクラブ

WITB // ジェイソン・デイのクラブセッティング // 2014年12月11日現在 // Franklin Templeton Shootout

デュビソンと決勝を戦ったマッチプレー以来あんまりパッとしてない感のあるジェイソン・デイの2015年やいかに! そのセッティング。



2014年12月11日現在 // Franklin Templeton Shootout
  • ドライバー // TaylorMade R15 460 / ロフト 10.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon KuroKage Silver TiNi 70X
  • 4W // TaylorMade RocketBallz / ロフト 17.5度 / シャフト Matrix TP7HD (X-Flex)
  • アイアン // TaylorMade Tour Preferred MC (2), TaylorMade Tour Preferred MC 2014 (3-PW) / シャフト True Temper Rifle 7.0
  • ウェッジ // TaylorMade Tour Preferred ATV Grind (52, 60) / シャフト True Temper Rifle 7.0
  • パター // TaylorMade Ghost Spider Itsy Bitsy Prototype
  • ボール // TaylorMade Tour Preferred X
2014年2月のセッティングと違うのは,
  • ドライバーがSLDRからR15になった,でシャフトも変わった
  • ウェッジのシャフトが6.5から7.0に
ぐらいで(2番アイアンも変わったのかな),あいかわらずFWは17.5度が1本,その下が2番アイアン,ウェッジは52度と60度。

ソース:
http://www.golfwrx.com/264395/jason-day-witb-2015/

関連リンク:
WITB // ジェイソン・デイのクラブセッティング // 2014年2月23日現在 // WGCアクセンチュアマッチプレー選手権

6 Jan 2015

タイガー・ウッズのスイングの変遷 // Golf Digest

スイングコーチというかコンサルタント(?)をクリス・コモに変えてからタイガー・ウッズは「昔のスイングに戻している」とか言われていますが,そのタイガーのスイングってどんな変遷を遂げているのか……,というのを,写真で追えます。詳細はリンク先で見ていただくとして,インパクトのあたりだけ写真を拝借。


How Tiger's Swing Has Changed
http://www.golfdigest.com/golf-instruction/swing-sequences/2011-04/photos-tiger-woods#slide=1

1992年ごろ

2000年

2009年

2011年

5 Jan 2015

イギリスゴルフ #25 // Addington Court Golf Club // 濃霧の中で2015年初ラウンド

2015年最初のラウンドは,1月4日。場所はロンドンから南,Surreyにある「Addington Court Golf Club」になりました。

Tom Doak の『The Confidential Guide to Golf Courses』の中に「The Addington Golf Club」がなかなかのコースということで紹介されていますが,それとは別。実際,「Addington」を名前に関するコースはこの地域にいくつかあって,後ろの組の人も「間違って The Addington にいったら150ポンドとか言われてびっくりしたよ」と言ってました(実際は冬の週末のグリーンフィーは100ポンドだけど)。この Addington Court のグリーンフィーは,ウィンターキャンペーンで29ポンドほど。

で,天候は冬のロンドンらしく,寒い上に濃霧。予報ではこの日の最高気温は3度。

ということで,視界は悪いし,下はグチャグチャだし,コースを楽しむ余裕はありませんでした。見えるところにボールを打つので精いっぱい。で,スコアはなんとか45+49の94。

収穫としては,ノベルティでもらっていたスリクソンの安めのボール(AD333)が意外にいい感触だったことですかね。普段 Titleist Pro V1x 使っているけど,その必要ないじゃん!と思ったり。





Sun 4 Jan 2015