23 Oct 2017

本 // Lost Links: Forgotten Treasures of Golf's Golden Age // オーガスタに関する記述だけでも十分に面白い

その名の通り,「失われたゴルフコース」を解説したものです。

Lost Links: Forgotten Treasures of Golf's Golden Age
Daniel Wexler
Wiley
売り上げランキング: 926,320

数十ものそうしたコースが取り上げられる中で,最初に登場するのが,あのオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ。著者によると,「現在のオーガスタはそのルーティングこそオリジナルとおおむね同じではあるが,その中身はといえば,ユニークでワンダフルであったオリジナルとは少しの類似性しかない。幾多の改装によって,戦略性も,興奮も損なわれた」とのこと。

その例として,2番パー5があげられえます。かつてグリーンはL字型で,右手前にバンカーがひとつだけあった。ティーショットは左サイドのバンカーを避けるべくドローボールが求められ,2打目でグリーンを狙うとしたら低いフェードが求められた。この絶妙なバランスは,1953年の改装でグリーンがいまのT字型に変わったことで失われてしまった。さらにその13年後にフェアウェイバンカーも(かつては安全なサイドだった)右に移された……。といった様子で,マッケンジーのスケッチとともに,オリジナルのオーガスタを読者の中に蘇らせようとしています。

オーガスタの項がやっぱりいちばん面白いのでこのまま続けますが,4番から始まる4ホールで,マッケンジーはスコットランドの偉大なホールをモチーフにしたものを作ろうとした。4番パー3の場合は,St Andrews Old Courseの11番パー3「Eden」。マッケンジーが記したように,「多くのケースでEdenを模倣する試みは失敗している,なぜならEdenの特徴は急なスロープと微妙なスロープが入り混じったところにあるからだ」として,この4番には自信があったようなのですが,それも1938年にPerry Maxwellによって行なわれた改装でグリーンは傾斜がゆるめられ,マッケンジーの意図は葬り去られたと。

あるいは,6番パー3も,North Berwickの15番「Redan」を意図しており,マッケンジーも「オリジナルよりいいはず」と言っていたのですが,これまたMaxwellがスロープをフラットにしたおかげで,Redanの肝である「手前右から奥左へのフォールアウェイ」はどこかへ行ってしまったようです。

7番パー4は,St Andrews Old Courseの18番,特に「死の谷」を当初は意識したものでした。が,これまた1938年にグリーンコンプレックスが改造され,その後さらに距離を伸ばされたりして,現在はただのPenalホールに変わって原型を留めないものとなってしまったのでした。

……といった感じで,このオーガスタに関する記述だけでも読む価値があるのではないかと思えるほどの面白さです。一部ではTom Doakが次の改装を手がけると噂されており,そうなるとかなりオリジナルの姿を取り戻すのではないかと想像されますが,一方でオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブは新たに土地を買収し,特に13番パー5あたりの距離を伸ばすことを目論んでいるとか。どうなりますやら。

WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2017年10月22日現在 // The CJ Cup

新シーズンも期待できそうです。韓国で開催されたThe CJ Cupで優勝した,ジャスティン・トーマスのクラブセッティングです。



2017年10月22日現在 // The CJ Cup
  • ドライバー // Titleist 917D2 / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Diamana BF 60TX (tipped 1.5 inches)
  • 3W // Titleist 917F2 / ロフト 15度 / シャフト Mitsubishi Tensei CK Blue 80TX
  • 5W // Titleist 915Fd / ロフト 18度 / シャフト Fujikura Motore Speeder VC 9.2 Tour Spec X-Flex
  • アイアン // Titleist 716 CB (4 iron), Titleist 718 MB (5-9 irons) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM5 (52-12 F Grind, 56-14 F Grind), Vokey SM6 (46-10 F-Grind, 60) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (46), S400 (52, 56, 60)
  • パター // Scotty Cameron X5 Prototype (flow neck) / 長さ 34インチ / 重量 350グラム
  • ボール // Titleist Pro V1x


ソース:
http://www.golfwrx.com/474430/justin-thomas-winning-witb-the-2017-cj-cup/

過去のWITB:
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2017年9月24日現在 // Tour Championship
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2017年9月4日現在 // Dell Technologies Championship
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2017年8月13日現在 // PGA Championship
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2017年1月8日現在 // SBS Tournament of Champions
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2015年11月1日現在 // CIMB Classic
WITB // ジャスティン・トーマスのクラブセッティング // 2015年5月17日現在 // Wells Fargo Championship

オーストラリア遠征 // Glades Golf Club // グレッグ・ノーマン設計。意外にも満足度高し

結論からいうと,今回のクイーンズランド州でのラウンドの中で,いちばん期待していなかったわりに大いに満足できたのが,このGlades Golf Clubでした。設計はグレッグ・ノーマン。ということで,同じノーマン設計のBrookwaterも良かったので,ノーマンいいじゃん!

https://www.glades.com.au/


こんな感じで,多くのホールでウォーターハザードが絡んでくるんですけどね。バンカーの造形が印象的でした。


例えば1番パー4。グリーン右手前はこんな感じです。


2番パー4。右ドッグレッグ。アプローチは池越え。


3番パー3。


4番パー4。距離がない分グリーンが小さく,また周囲もしっかりガードされています。


5番パー3。なかなかよろしい光景です。


6番パー5,右ドッグレッグ。土地はフラットです。


7番,再びパー5。


8番,ストレートなパー4。


9番パー4。写真で見える以上に,ティーショットは打ち下ろしです。


10番パー4,左ドッグレッグ。左はずっとウォーターハザード……


……グリーンがこのようなので,できるだけ左から攻めたいところでありますが。


11番パー5。途中でウォーターハザードが絡んできます。


12番,再びパー5。こんどは右ドッグレッグ。グリーン右手前にウォーターハザードがからみます。


13番,パー3。


14番,ストレートなパー4。ここもティーショットはけっこう打ち下ろしになります……


……そのグリーンコンプレックスはこんな感じ。


15番,ストレートなパー4。


16番パー4,左ドッグレッグ。安全に右のルートからいきたいですが……


……グリーン右手前にはこんなバンカーが待ち構えています。


17番,パー3。グリーン左からウォーターハザードが食い込んできています。


18番,ウォーターハザードを抱きながらの,左ドッグレッグ。


最後まで油断できないグリーンです。


21 Sep 2017

22 Oct 2017

オーストラリア遠征 // Links Hope Island // リンクスであってリンクスにあらず

クイーンズランド州のいくつかのコースを見る限り,レジデンスと一緒になったコースが多いなという印象でして,Links Hope Islandもそんなかたちです。コースに隣接して家々が立ち並び,テラスでのんびりしている人たちと目があったりします。

http://www.linkshopeisland.com.au/cms/

その名前からして,リンクスコース風のコースを目指しているんでしょう,が,そう言われると評価が厳しくなってしまいます。


ということで,1番パー4。いきなり左にがっつりウォーターハザードで,どこがリンクスじゃい。


2番,パー5。ポットバンカーというほどのものではないです。


3番,パー3。これはリンクスというか,いかにもオーストラリアのサンドベルトにあるコースという雰囲気がします。ティーショットがバンカーよりさらに左でロブショットをミスして撃沈。


4番,パー4。リンクスはどこへ行った…。


5番,パー3。ショートアイアンの距離です。右のウォーターハザードは実質プレーに


6番,パー4。ティーショットはツリーラインが気になりました。


7番,同じくストレートなパー4。


5番,パー5。グリーン手前からバンカーが点在していますが,リンクスを名乗るにはちょっと甘い。


9番,パー4。このバンカーの造形はあまり魅惑的ではない。


10番,パー4。右ドッグレッグ。


11番,パー5,にカンガルーの群れがいました!


13番,パー4。人工のアンジュレーションはさすがに魅力に乏しい。


14番,パー3。


15番,パー4。左ドッグレッグ。こういう植生がもっと見れるといいんですけどね。


16番,パー4。左ドッグレッグ。


17番,パー3。池越えで200ヤード超です。この日は風が左からの向かい風でした。


18番,パー5。バンカーが多い,というだけで,それ以上ではない感じ。

ということで,「Links」と名乗ってなければまだ良かったのですが ……。


20 Wed 2017

オーストラリア遠征 // Lakelands Golf Club // 日本企業が経営するニクラウス設計のコース

オーストラリア・クイーンズランド州にあるLakelands Golf Clubは,日本の会社が経営する,ジャック・ニクラウス設計のコースです。

http://www.lakelandsgolfclub.com.au/


ご覧の通り,レイクランズグループの一員です。


ニクラウスによるレイアウトのスケッチも展示されています。


1番,ストレートなパー4。フェアウェイの左にバンカー,グリーンは右手前にバンカーと,無難なオープニングホールです。


2番,パー5。バンカーのあしらいはご覧の通り。


3番,パー3。


4番,パー4。距離が短いわりに,グリーンが多くのバンカーでガードされています。


5番,パー5。右に折れていくので左からのルートを取りたいですが,左はウォーターハザードとバンカーが待ち構えています。分かりやすい構図。


6番パー3。ここは植生がいいですね。風が左奥から吹いており,距離のジャッジが難しかったです。


7番,パー4。ただストレートなホール。


8番,パー4。ニクラウス的な,分かりやすい「リスクとリワード」のホールです。フェアウェイの真ん中,ティーショットのランディングエリアにちょうど深いバンカーがあり,レイアップするかキャリーを狙うか,右か左かを悩まされます。ウォーターハザードを抱くかたちで,左奥にグリーン。


9番,ストレートなパー4。グリーンが若干砲台になっています。


10番パー4は,左側が最初から最後までウォーターハザード。この日は左からの横風が吹いており,ティーショットの狙いが難しかったです。


11番,パー5。ドローが打てないとプレッシャーがかかるティーからの景色。


12番,距離のあるパー4。


13番,パー4。軽い右ドッグレッグですが,右のウォーターハザードは気にはなりません。


14番,パー3。池越えのティーショット。右手前には救済のバンカーがありますが,グリーンの手前は池にスロープしています。


15番,パー4。こういう植生がもっと他のホールでも見れるといいんですけどね。


16番,パー5。アゴを盛り上げたバンカーがフェアウェイで待ち構えています。


17番,パー3。ウォーターハザードは実質的にプレーにからんできませんが,いかんせん距離があります。


18番,長いパー4で終了。

ということで,ここもフラットな土地に,ニクラウスが頑張って作りました,といったコースでした。