18 Apr 2017

「メジャーを勝っていない中で最高のプレーヤーは誰だ?」問題 // GolfWRX

ガルシアがマスターズで勝って,これで6大会連続でメジャー初優勝者が誕生しているわけですが(ガルシア 2017マスターズ,ジミー・ウォーカー 2016PGA,ヘンリク・ステンソン 2016全英オープン,ダスティン・ジョンソン 2016全米オープン,ダニー・ウィレット 2016マスターズ,ジェイソン・デイ 2015PGA),それからというもの再燃している感のある「メジャーを勝っていない中で最高のプレーヤーは誰だ?」問題です。

いろんなメディアがその問題を蒸し返している中,このWRXの記事がユニークなのは,普通ならその候補者リストに載るであろうようなプレーヤーに「その資格なし」との判定をくだしているところです。

The Best Golfers Without a Major? Who Belongs on the List and Who Doesn't // GolfWRX
http://www.golfwrx.com/443766/the-best-golfers-without-a-major-who-belongs-on-the-list-and-who-doesnt/

例えば,ルーク・ドナルドは「資格なし」。

Donald (39 years old) has won a PGA Tour Player of the Year, European’s Race to Dubai, and he held the No. 1 in the world spot for 56 weeks (that’s longer than Ian Woosnam, Fred Couples, Nick Price, Ernie Els, David Duval, Vijay Singh, Jason Day and Jordan Spieth). He’s had eight top-10s at major championships, five PGA Tour wins and seven European Tour wins. He finished T3 in his first ever appearance at The Masters in 2005, tied for his best ever finish at a major championship.

Despite a straight-up stacked resume, however, I find it hard to say I’m super surprised Donald never won a major. He’s a top-10 machine and a money maker, but even as a No. 1 in the world he never felt like a favorite. I’m not shocked he never got it done on the big stage, and I won’t be shocked if he retires without one.

確かにルークはPGAツアーのプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得した,ヨーロピアンツアーのRace to Dubaiも獲得した,世界ランキング1位の座には56週在位して,これはウーズナムやカプルス,あるいはデイやスピースなどよりも長い。メジャーでトップ10以上は8回経験し,PGAツアーで5回,ヨーロピアンツアーで7回優勝している。マスターズ初出場の2005年には3位タイの成績を残している。しかしながら,ルーク・ドナルドがメジャーを獲っていないことに格段驚きはしない。彼はTop10マシンでありマネーメーカー(確実に賞金を稼ぐタイプのプレーヤー)である。ランキング1位であったときでさえ,優勝候補とは感じられなかった。メジャータイトルなしでルーク・ドナルドが選手生命を終えたとしても,決して衝撃は受けない。

あるいは,松山英樹。これは別の視点から。

Sometimes you can’t tell by his body language, but Hideki Matsuyama is so, so good at golf. At 25, he already has five top-10s in majors and four PGA Tour victories. He’s also ranked No. 4 in the world, and it’s inevitable he’s going to win a major. But am I surprised he hasn’t done it yet? Not yet, but he might be the best golfer in this entire article.

He played his first major in 2011, but he didn’t start playing a full major-championship schedule until 2013. So he’s only in his fifth year competing for real. I’ll give him two more years — as is standard in these arguments as we established in the intro — until I start hitting him with the shocked face.

そのボディランゲージからは判断しづらいときがあるが,松山英樹はものすごくゴルフが上手い。25歳にしてメジャーでトップ10以上が5回,PGAツアーでは4回優勝している。世界ランキングは4位で,松山がメジャーを勝つのは避けられない。まだ勝っていないことに驚きはしないが,でもこの記事の中に出てくるゴルファーの中ではベストなプレーヤーだ。メジャー初出場は2011年だが,そのあと2013年まで間が空いた。なのでちゃんとした意味でメジャーで戦っているのは今年が5年目と言えよう。あと2年待ってみて,それでもまだ松山がメジャーで勝っていなかったら,そのときに初めてショックを受ける。

そして,リッキー・ファウラーも「資格なし」。

Fowler is a tough one. As we know, he finished in the top 5 in every major in 2014. But that year, he lost by six shots to Bubba in The Masters, eight to Martin Kaymer at the U.S. Open, started six back of Rory McIlroy heading into Sunday at The Open and came in third behind Rory and Phil at the PGA. Did we truly, honestly expect him to win any of those?

He’s 28 and has four PGA Tour wins, including a Players Championship. He’s had a great career so far. And if I’m being honest, a better career than I even expected to this point. Fowler was definitely a stand-out amateur, but I just never expected much of him as a PGA Tour pro. And that’s mainly because of his swing. Until his work with Butch Harmon, I never trusted his swing to hold up under pressure.

Over the past few years, he seems to have toned down big misses and has a phenomenal short game that saves his mediocre iron play. But am I surprised Rickie Fowler isn’t yet a major champion? Why do you ask, because he looks like a superstar and seems like the coolest guy ever? Golf wise, no I’m not surprised. Talk to me in five years.

ファウラーは判断が難しいけれど,たとえば2014年にすべてのメジャーでトップ5に入ったとはいいながら,マスターズではババ・ワトソンに6打差,全米ではカイマーに8打差,全英では首位のマキロイに6打差で最終日をスタート,そしてPGAではマキロイとミケルソンに次ぐ3位。この中のどれかででファウラーが勝てると思った人はいましたかね? ファウラーはアマチュアとして輝かしい成績を残したけれど,PGAツアープロとしては,筆者はあまり期待していなかった。それも主にそのスイングが理由で,ブッチ・ハーモンをコーチにつけるまでは,プレッシャーのかかる場面でファウラーのスイングの信頼度は低かった。

この他にも「資格なし」として,マット・クーチャーやビル・ハース,パトリック・リードなどが,そして「資格あり」の方にはリー・ウェストウッド,ライアン・ムーア,グランデン・グレース,ポール・ケイシー,イアン・ポールターなどが挙げられています。

最後に,記事はこんな引用で〆られているんですが,

This whole argument reminds me of a quote from the movie Social Network. Mark Zuckerberg’s character turns to the Winklevoss twins and says, “If you were the inventors of Facebook, you’d have invented Facebook.” Savage quote, but it relates to what we’re talking about here; if a player is truly good enough to have won a major already, he’d have won a major already.

映画『ソーシャルネットワーク』でマーク・ザッカーバーグ役の人物がWinklevoss兄弟に言ったセリフで「もし君らがFacebookの発案者だったとしたら,もうすでにFacebookを作っていただろうよ」(つまり,君らは実際にはFacebookを作っていないんだから,Facebookを発案したなんて言えない,ということ)というのがあったけれど,それと同じように,「もし,あるゴルファーがすでにメジャーを勝っているほどにいいプレーヤーだったとしたら,そのプレーヤーはすでにメジャーを勝っているはずだ」と言えるのではないかと。

なんか身もふたもない〆になりましたが……。

2 comments:

  1. これ、つい先々週までは文句なしにガルシアだったってことでしょうか?

    資格なしの根拠と意味がいまいち掴めません・・・。

    ReplyDelete
  2. ははは,確かにものすごく主観的な記事ですよね。

    ReplyDelete