25 Jun 2017

本 // ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる! // 三觜喜一

あいかわらずスイングでお悩み中なんですが,そんな中でいまいちばん参考にしているのが,三觜さんの教えです。Golf Performance Managementでもおなじみですね。YouTubeの「MITSUHASHI TV」のレッスン動画はけっこう評判になっているようですし,実際に実践で参考になります。

で,そんな三觜さんの教えを体系的にまとめられていることが期待されていた本がようやく発売され,私もさっそく買って読みました。

ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!
三觜 喜一
日本文芸社
売り上げランキング: 365

タイトルが中井学のスイングイメージは直線 に似ているところがちょっと残念。あと,トレーナーである常盤仁さんとの対話の割合が多かったのが,内容的には面白いけれども,そのぶん前半のドリルなんかに割かれた割合が少なく感じるという点では残念でもあり。

内容的には見たことのあるものが大半だったのですが,それはきっと僕が三觜さんの動画をマメに見ているからだと思います。個人的には,ドライバーが打てない人のためのアドバイスにページが割かれていたのは嬉しいです。

(2017/06/26 追記)
Facebookにて,三觜さんがこの本に関するQ&Aを始められました。「本を読んだ中での疑問や理解が難しいと感じる事に対して、直接私が、随時お答えしたいと思います! 遠慮無く質問してください!」とのことです。
https://www.facebook.com/yoshikazu.mitsuhashi.5/posts/1098739406924449

ラウンドの記録 // ハーモニーヒルズゴルフクラブ // アーリーバードでさくさくラウンド

kkとの月例,6月は,ふたりして偏愛している栃木のハーモニーヒルズです。しかもアーリーバード。

http://www.pacificgolf.co.jp/harmony/



雨降る前にさっさと終わらそうぜ−,な気分。


1番,打ち下ろしのパー5。第1組だったので,まだ薄暗いうちからささっとスタート。


2番,パー3。少し前に,大雨のせいで崖が崩れたとかなんとか。


きました,超打ち下ろしの5番,パー3。PWでパンチショットにしようか52度でフルショットにしようか迷って,いつも結果的にミスする。

途中で雨が降り出しつつも,なんとか終了。スコアはボロボロでしたが,前の組を待たずにサクサクとプレーできるのはいいですね。

19 Jun 2017

WITB // ブルックス・ケプカのクラブセッティング // 2017年6月18日現在 // U.S. Open

USオープンを制したケプカのクラブセッティングです。



2017年6月18日現在 // U.S. Open
  • ドライバー // TaylorMade M2 2016 / ロフト 9.5度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana D+ 70TX
  • 3W // TaylorMade M2 Tour 2017 / ロフト 15度 / シャフト Mitsubishi Rayon Diamana D+ 80TX
  • ドライビングアイアン // Nike Vapor Fly Pro (3) / シャフト Fujikura Pro 95 Tour Spec X-Flex
  • アイアン // Mizuno JPX-900 Tour (4-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue X100 (4-9), S400 (PW)
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM5 (48-10 F Grind, 52-12 F Grind), Titleist Vokey SM4 TVD (60-M) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400
  • パター // Scotty Cameron Tour Only T10 Select Newport 2
  • ボール // Titleist Pro V1x


ソース:
http://www.golfwrx.com/426832/brooks-koepka-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ブルックス・ケプカのクラブセッティング // 2017年1月30日現在 // Farmers Insurance Open
WITB // ブルックス・ケプカのクラブセッティング // 2016年2月4日現在 // Waste Management Phoenix Open
WITB // ブルックス・ケプカのクラブセッティング // 2015年2月1日現在 // Waste Management Phoenix Open

14 Jun 2017

ラウンドの記録 // 龍ヶ崎カントリー倶楽部 // 井上誠一的

我孫子葉山国際と続いた,念願かなったシリーズ。続いては龍ケ崎です。設計は井上誠一。

http://www.ryugasaki-cc.com/


これはウェブサイトから拝借しました,井上誠一の手による設計図面です。これを眺めるだけでも,2グリーンでその周りはびっしりバンカーが配置されていることが分かります。昨今のコースと違い,ウォーカビリティは高そうです。

キャディ付きでの歩きのラウンドでした。


1番,ストレートなパー4。メンテナンスの良さがうかがえます。


左に90度曲がって,2番,パー5。グリーン手前がうっすらと傾斜していますが,ほぼフラットです


同じ向きで,3番,パー3。これでもかというぐらいのガードバンカーです。ボールを上げてグリーンに乗せるしかない。


4番,さらに左に90度向きを変え,パー5。左ドッグレッグ。ツリーラインが美しいです。


5番,パー4。ここでようやく面白い地形が出てきます。ティーからはこんな光景。


木に挟まれたこの狭い谷底が,ランディングエリアです。ここでのティーショットは下手に方向性を重視するよりは,飛距離でこの狭いエリアを回避する方が得策か? しかしこの地形だと,雨が降ったときの水はけが気になりますね。


アプローチは打ち上げ。グリーンも小さく奥から手前への傾斜がきついです。


6番,パー4。軽い左ドッグレッグ。


7番,パー4。波平の髪の毛のような木がフェアウェイに1本。


これは,バンカーショットが苦手な同僚Hが,見事にハマって苦戦しているところです。


8番,パー3。距離が長い分,グリーンの前はひらけていますね。


9番,パー4。グリーン手前にご覧の谷。


さて10番,パー4。これまた名物ホールですね。眼前のチョビチョビ生えた木の向こうが,ティーショットの狙い所です。


その先はまたこんな感じの谷。


11番,パー4。グリーン手前の谷。コースマップを見るとよくわかりますが,9番・10番・11番隣り合っていて,この同じ谷をつかったレイアウトになっています。


12番,パー3。この日は右グリーンを使用,ティーショットが左グリーンの乗り,ニアレストポイントにドロップしてから,バンプアンドランでなんとか寄せワン。


13番,パー5。ここはティーの目の前と,そしてグリーン近くとに,ふたつの谷が横切ります。


14番,パー4。


15番,パー4。


16番,パー3。位置的には,3番のパー3と隣接しています。


17番,ストレートなパー5。


18番,長いパー4で終了。


井上誠一様です。

うーむ。これが日本のTOP10ぐらいのコースだとしたら,この先僕は何を楽しみに日本のコースでゴルフをすればいいのだろうか。

12 Jun 2017

WITB // ダニエル・バーガーのクラブセッティング // 2017年6月11日現在 // FedEx St. Jude Classic

FedEx St. Jude Classicでタイトルをディフェンドしたダニエル・バーガーです。



2017年6月11日現在 // FedEx St. Jude Classic
  • ドライバー // Callaway GBB Epic / ロフト 10.5度 / シャフト Fujikura Pro Tour Spec 53X
  • 3W // Callaway GBB Epic / ロフト 15度 / シャフト UST Mamiya Elements Chrome 7F5T
  • アイアン // Callaway Apex CF 16 (3番,4番), Callaway Apex Pro 2016 (5番), Callaway MB1 (6-PW) / シャフト True Temper Project X 6.5
  • ウェッジ // Callaway Mack Daddy Forged (50-10, 56-10, 58-08) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue S400
  • パター // Odyssey 2-Ball Prototype
  • ボール // Callaway Chrome Soft

ソース:
http://www.golfwrx.com/427818/daniel-berger-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ダニエル・バーガーのクラブセッティング // 2017年1月30日現在 // Farmers Insurance Open
WITB // ダニエル・バーガーのクラブセッティング // 2015年3月2日現在 // Honda Classic



5 Jun 2017

WITB // ジェイソン・ダフナーのクラブセッティング // 2017年6月4日現在 // Memorial Tournament

メモリアルトーナメントで勝ったダフナーのセッティングです。



2017年6月4日現在 // Memorial Tournament
  • ドライバー // Titleist 917D2 / ロフト 10.5度 / シャフト Project X HZRDUS Yellow 63 grams 6.5-Flex
  • 3W // Callaway X2 Hot / ロフト 15度 / シャフト Aldila Tour Blue 75TX
  • 7W // Titleist 915F / ロフト 21度 / シャフト Aldila Rogue Limited Edition 80TX
  • アイアン // Titleist 716 AP2 (4-PW) / シャフト True Temper Dynamic Gold Tour Issue AMT S400
  • ウェッジ // Titleist Vokey SM6 (52-12 F Grind, 56-14 F Grind), Titleist Vokey Prototype 2017 (60度) / シャフト True Temper DG Spinner
  • パター // Scotty Cameron Futura 5S / グリップ SuperStroke Ultra Slim 1.0
  • ボール // Titleist Pro V1x


ソース:
http://www.golfwrx.com/440400/jason-dufner-witb-2017/

過去のWITB:
WITB // ジェイソン・ダフナーのクラブセッティング // 2017年3月12日現在 // WGC-Dell Technologies Match Play
WITB // ジェイソン・ダフナーのクラブセッティング // 2016年1月24日現在 // CareerBuilder Challenge
WITB // ジェイソン・ダフナーのクラブセッティング // 2015年6月7日現在 // Memorial
WITB // ジェイソン・ダフナーのクラブセッティング // 2014年5月25日現在 // クラウンプラザインビテーショナル

4 Jun 2017

ラウンドの記録 // 多古カントリークラブ // 再びこちらで会社コンペ

3月の会社コンペが多古だったんですが,次回幹事の同僚(イギリス人)に「会場選び手伝ってくれない?」と言われたので,「だったらもう1回多古でいいじゃん,みんな満足してたし」ということで,3ヵ月経って再訪しました。

出だし2ホールでボギーと,最近の最悪さに比べればだいぶマシなスタートだったのですが,3番パー5でダボを叩き何かが切れ,4番池肥えのパー3でこれまた最近よくあるどうしようもないアイアンのミス,池越えの2打目で最近買った60度のロブウェッジを手にするもぜんぜん距離感がなく池,打ち直しもミス,とかやっているうちにこのホール10,あとはやる気のないままに気がつけばラウンドが終了していたのでした。

やればやるほど下手になる今日このごろ。


2 Jun 2017

ラウンドの記録 // 葉山国際カンツリー倶楽部 - ダイヤモンドコース // 本格的リゾートコース(とはなんぞや)

この夏はいろいろと念願が叶いまして,我孫子に続いては葉山国際でラウンドすることができました。
http://www.hayama-kokusai-cc.com/

ウェブサイトにある「湘南葉山の丘に広がる風光明媚な本格リゾートコース」とはよくまとめたもので,丘の上だし,景色はキレイだし,そしてコースそのものの面白さはそれほどでもないという。ダイヤモンドとエメラルドとの2コースがあって,プレーしたのはメインコースであるダイヤモンドです。

クラブの名誉顧問は,小泉純一郎。


1番,パー4。いきなりどかんと打ち下ろし。


2番,パー3。「葉山」とはよく言ったもので,本当に葉が茂ってますね。


3番,パー4。このホールはファンキーで,距離こそ長くないものの,グリーンまでずっとけっこうな傾斜のアップヒル。アプローチショットでグリーン面は見えません。


4番,パー4。このコースのシグネチャーホールといいましょうか。


なぜなら「横須賀市を眼下に東京湾・房総半島が一望でき」るからです(写真ではちゃんと撮れていませんが)。


スキー場か,ってぐらいのダウンスロープです。


5番,パー3。


6番,パー5。ショットがめちゃくちゃだったんですが,9番アイアンのアプローチだけカップインするかもってぐらいにピンに寄って,なんとかパーがとれました。


7番,パー4。谷越えで打ち上げで先が見えなくて,けっこう緊張するティーショット。


ティーショットが右すぎると,この木に邪魔されてグリーンが見えません。


8番,パー5。どうなってんだ,って感じの傾斜ですが。


9番,ショートパー4です。こういうバンカー(の先がすぐ谷みたいに見えるやつ)は好き。


10番,打ち上げのパー4。1番ホールと違って,INコースは気持ちよくない出だしです。


11番,パー5。ティーショットは打ち下ろし。左にすぐ道路が走っていてOB,右の隣のホールにいくと1ペナ。


12番,パー3。


14番,ストレートなパー4。


15番,どかっと打ち下ろしてぐっと打ち上げていくパー5。ティーショットでミスると先がつらい,と思うメンタルでティーショットをミスる。そのあとは長旅。


16番,パー4。軽く打ち下ろして軽く打ち上げ。


17番,パー3。この日は特に後半調子がよくて,このホールも狙い通りのショートアイアンでのパンチショットでグリーンをとらえる。


18番,パー4。いい感じのグリーンで終了。

ご覧の通り,前半の方がリゾート気分を味わえます。